GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2022.07.21

10年ごしの愛はどこに向かうのか――中国で社会現象にまでなった物語

映画ライター渥美志保さんによる連載。ジャンル問わず、ほぼすべての映画をチェックしているという渥美さんイチオシの新作『あなたがここにいてほしい』をご紹介。

あなたがここにいてほしい

SNSで話題を呼んだ実話ベースの物語

17歳のチンヤンは同じ高校に通う優等生のイーヤオに一目ぼれし、2人の恋は始まります。映画はそこから10年、互いを一途に愛し続ける2人の紆余曲折を描いてゆきます。成績優秀なイーヤオは推薦入学で大学へ、さらには大学院へと進学。勉強が苦手なチンヤンは専門学校をへて、現場で働くように。やがて親に交際を反対されたイーヤオは家を飛び出し、2人は同棲生活を始めます。

取り壊しが決まったアパートの古びた部屋、どうにかこうにか集めた中古の家具、キッチンで洗い物をすれば水になってしまうシャワー、ひとつのベッドマットに初めて寝転がった時の嬉しいような恥ずかしいような空気。日本では描かれなくなって久しい「愛さえあればお金なんて」という世界が、やけに美しく見えるのは、映像に詩情があふれているからでしょうか。
あなたがここにいてほしい

厳しい現実と、映像美のコントラストに注目

すごく印象的なのは、チンヤンが働くマンションの工事現場で過ごす大みそかのエピソードです。年末年始すら仕事で戻らないチンヤン、イーヤオは我慢しきれず彼が働くマンションの建設現場に訪ねてゆきます。まだ構造だけの部屋に彼女を連れて行ったチンヤンは、コンクリートの壁にプロジェクターで映像を映し出し、それをきっかけにふたりのちょっとしたお遊びが始まります。目に見えないピアノを弾き、テーブルに足を引っかけ、冷蔵庫からビールを出し……もちろんそこには何もないんですが、絶妙な効果音で、2人の新婚生活が見えてくるんですね。このマンションが完成したら部屋を買って住みたい――そんな2人の夢がファンタジーとして描れます。それを祝福するかのように、パーン!と新年の花火が。青春時代の恋愛ってこうだよね~という幸福感が満点です。
あなたがここにいてほしい

ドラマをさらに魅力的に見せるのは、何しろ主演の2人が魅力的だから。特にチンヤンを演じる中国のスター、チュー・チューシアオは、シュッと切れ長の瞳といい、それが流れちゃうほどとろんとした笑顔といい、すごく魅力的です。普段は韓国人俳優のことばっかり書いている私ですが、中国も開拓せねば!という気持ちになりました。映画は中盤から完全にチンヤンの話になってゆき、大人の世界の現実に蹂躙されてゆく様は本当に可哀そうでかわいそうで。
あなたがここにいてほしい

結婚・格差問題…心をえぐられる意外な結末

こういうタイプの作品は、日本だと『花束みたいな恋をした』みたいな展開になるのでしょうが、中国はさすが大陸国家で、2人を隔てる距離や障害はものすごく壮大で、めちゃめちゃドラマティックです。後半の怒涛の展開にはハラハラしっぱなしなのですが、たどり着いたラストは日本映画ではあまり見ない「え?!」という展開で、これが私はすごく気に入ると同時に、めちゃくちゃえぐられました。こういう結末を堂々と描き、大ヒットさせる中国には、作り手と観客、両方の成熟を感じます。今後は中国映画も目が離せないなあ。

『あなたがここにいてほしい』
監督/シャー・モー
出演/チュー・チューシアオ、リン・イーヤオほか
7月22日(金) シネマート新宿ほか全国ロードショー。
https://anakoko.jp/
© 2021 CKF Pictures, Alibaba Pictures, Tencent Pictures, Netease Pictures

渥美志保の記事をもっと読む。

TEXT=渥美志保

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する