GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2022.07.07

Kis-My-Ft2が歩んだ10年間の軌跡に拍手が止まらない。待望の東京ドーム公演初日をレポート

昨年デビュー10周年を迎えたKis-My-Ft2が記念公演『Kis-My-Ftに逢える de Show 2022 in DOME』を開催。有観客ドームツアー、また東京でのライブ開催も約3年ぶり。10年分の感謝を伝えに帰ってきたキスマイに感嘆の声が漏れる、アットホームで温かいステージの様子をお届け。

Kis-My-Ft2

節目の公演に相応しいキスマイの青春に触れるセットリスト

デビュー10周年を祝う公演で軸となるのは、キスマイの原点と今を繋ぐセットリスト。ジャニーズJr.時代に行っていた「Kis-My-Ftに逢える de Show」(名付け親はジャニー喜多川氏)を再題したツアータイトルのもと、デビュー前から彼らが大切にしてきた楽曲を次々と披露していく。みんなで一緒に盛り上がれるキャッチーな楽曲、“ギラギラワイルド”を印象づける激しいダンスナンバー、甘い歌声が響き渡るラブソングなど、全36曲を厳選して構成。デビュー曲の「Everybody Go」では色が変わるローラースケートを履き、スピード感たっぷりにパフォーマンス。そんな懐かしい楽曲の連続にMCでは「懐メロだね」と盛り上がる場面も。当時の輝きはそのままに、さらに深みを増した“キスマイらしい”ステージを届けた。

多幸感溢れるパレードの裏に込められたメンバーの思い

華々しくスタートしたお祭りには、セットリストに同じく「ファンの方へ感謝を伝えたい」という粋なギフトが盛りだくさん。公演を象徴するメインステージに「ありがとう」や「感謝」が花言葉の13種類の花(※)が散りばめられ、その光景はまるで会場に来てくれたファンに溢れるほどの花束を贈るよう。衣装担当の玉森さんがデザインから関わったというオープニング衣装は、これまで7人が着用した衣装のデザインや生地をパッチワーク風に繋ぎ合わせたもの。ツアータイトル同様、10周年という一度しかない機会にこだわり、時間をかけて準備してきたメンバーの思いが感じ取れた。

※ステージに使用された花:カーネーション、トルコキキョウ、ピンクのバラ、ピンクのガーベラ、カモミール、ブルースター、カタクリ、カンパニュラ、白のダリア、フリージア、赤のポピー、ブルーデイジー、オレンジのガーベラ
Kis-My-Ft2

曲の特別感が増す、大胆で幻想的な演出の数々

演出担当の二階堂さんを中心に仕掛ける美しい演出は見応えがたっぷり。シャボン玉が飛ぶステージに、白いデルフィニウムがあしらわれたステージ。曲に共鳴するかのように形を変える噴水の演出は、総水量70t、最高位15mと大迫力のスケール。昨年リリースされ、YouTubeでのMV再生回数が1,400万回を記録する人気曲「Luv Bias」とともに魅せる華麗な噴水ショーは、洗練された世界観で息をのむほど。

またドームツアー名物の特攻祭りも健在。センターステージをアームが取り囲み、ファイヤーボールや火花が飛び交うなか「Break The Chains」をパフォーマンス。同曲については、千賀さんが今回のツアーのために新しい振り付けを手がけた。
Kis-My-Ft2

予期せぬ嬉しいサプライズ!来月発売の新曲を初お披露目

仲睦まじいMCのなか、7月22日スタートの玉森さん主演ドラマ『NICE FLIGHT!』の主題歌「Two as One」を初パフォーマンス。まだ音源も公開されていない最新曲だけに、会場からは期待の眼差しが向けられた。曲前には飛行機のベルト着用サインや離陸を感じさせるような音が響き渡り、Bステージから本ステージに続く花道を滑走路に見立てた演出が盛り込まれる。一連の演出は二階堂さんの考案だそうで、ここでも演出担当の手腕が光った。楽曲は大人の恋をテーマにした夏にぴったりの爽やかなラブバラード。“2人で1つ”を表現したペアでの振り付け、フォーメーションは必見。

約2時間半のステージで印象的だったのは、たびたび会場に響き渡った55,000人の拍手。見えない敵に足を止められ、1年越しに叶った記念公演。変わらずに歩み続けてきた7人を讃えるかのような温かい拍手は、お互いがお互いを照らし続けるKis-My-Ft2とファンの関係性を強く表す瞬間だった。「みんなが来てくれるドームの景色は格別だね」と宮田さんも語る。来月にはデビュー11周年を迎え、ますます加速するKis-My-Ft2。ここから新たに紡ぐ7人の足跡から目が離せない。

Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)
2011年8月10日にCDデビュー。通算29枚目となるシングル「Two as One」は8月17日リリース。

PHOTO=池田博美

TEXT=所優里

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する