MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2021.11.05

自分が不当に扱われていると感じたとき、取るべきアクションとは?

映画ライター渥美志保さんによる連載。ジャンル問わず、ほぼすべての映画をチェックしているという渥美さんイチオシの新作『リスペクト』をご紹介。作品の見どころについてたっぷりと語っていただきました!

J・ハドソンの圧倒的な歌唱力で描く70年代ソウルの女王アレサ・フランクリンの半生

リスペクト

(c) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved

主人公のアレサは、教会の牧師の娘に生まれ、説教師として有名な父の傍らで幼いころから言われるままにゴスペルを歌ってきた少女です。物語はその彼女が歌手になり、「ソウルの女王」と呼ばれるようになるまでを描くのですが、ただのサクセスストーリーではありません。

リスペクト

(c) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved

最近ではブリトニー・スピアーズ、若くして亡くなったエイミー・ワインスタインなんかもそうですが、幼いころに芸能活動を始めた人物には、良くも悪くも必ず彼らを悪気なく支配する大人がいるものです。多くの場合それは親ですが、特に女性においては親の支配から抜け出すために頼った相手が、結局は別の支配者だったりすることもある。この物語は、そういったものからサバイブした一人の女性が、自分として立つまでの物語です。

リスペクト

(c) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved

アレサが幼いころを過ごした1960年代は、「ブラック・ライブズ・マター」の最初の一歩ともいえる、黒人公民権運動の真っ只中という時代です。父は宗教の説教師でもありますが、この公民権運動の活動家でもあり、その中心的存在であるマーティン・ルーサー・キングJr.にも可愛がられています。

アレサは彼の思想――自由や平等の考え方に共感し、大きな影響を受けています。彼女の周りにあるのはそういう人たちのコミュニティであるはずなのに、彼女を含めた女性たちの人生に起こることは、まったくもって「リスペクト」に欠けたことばかりです。

リスペクト

(c) 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved

アレサは、今で言えばテイラー・スウィフトみたいに、そんな思いを歌詞にして歌います。その歌詞は今の時代を生きる私に「え? 私たちのことでは?」という感じで、めちゃめちゃ響きまくります。独自の解釈で新たに誕生させたタイトル曲「リスペクト」の「リスペクトっていう言葉の意味わかってる?」から始まって、「THINK」の「あなたが私にしようとしてることを考えて」とか、「Ain’t no Way」の「私が何をしてあげられるの? あなたが私の両手を縛ってるのに」とか。

描かれるアレサの苦悩は、父や夫の支配といった、言ってみればそれほど珍しいものではないのですが、それがこうした歌と一緒に描かれることで、ものすごく心に響いてきます。

リスペクト

(c) 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved

もちろん凡百の歌手ではこうはなりません。主演はアレサ自身が指名したという歌手ジェニファー・ハドソン。映画好きな方ならば、ビヨンセ主演の『ドリーム・ガールズ』で知っているかもしれません。あの映画でもビヨンセを食う勢いで観客を魅了していた彼女の歌声は、今回も素晴らしすぎ。特にラストの「アメイジング・グレイス」には、心が震えます。ライヴを見にいくような気持ちで、ぜひ見てみてくださいね。

リスペクト

(c) 2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved

『リスペクト』
監督/リーズル・トミー 
出演/ジェニファー・ハドソン、フォレスト・ウィテカー、マーロン・ウェイアンズ、メアリー・J. ブライジほか
https://gaga.ne.jp/respect/
(c)2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
※11月5日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

渥美志保の記事をもっと読む。

TEXT=渥美志保

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する