MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2020.03.20

すべてが裏目に出るときこそ最高のチャンス!運気が大逆転するラッキーアクション

ものごとの本質を知り、人生をより自由にセンスよく進めていくための連載「オンナの生き方・磨き方」vol.12。今回は、ここから人生を大好転させるために今すぐできることについてです。

タイミングを見極めること

乙部アン

Licensed by Getty Images

なんだか最近ツイてない、低迷の流れから抜け出せない・・・。冬から春へと季節が移り変わるこの時期は、そんな不調を訴える人も少なくないはず。けれど、実は「上手くいっていない」と感じるときこそが、大きくジャンプアップする絶好のタイミングなのです。

1.“やらないこと”を明確にする

一度しかない人生において“やりたいことをやる”を推奨されるのが今の時代のデフォルトですが、実はもう一方で同じくらい大切なのは“やらないこと”を明確にすること。

私が講師として開催する講座などにおいて「最近なにをやっても上手くいかない」「本当にやりたいことがなにか分からない」という人の多くは“やりたいこと”は必至に探していたとしても“やらないこと”に目を向けていないことがほとんど。必要のないことまで背負うことで、奪われる労力たるや実は計り知れない! それを続けていると運気はどんどん下がり、いつのまにか低迷するのが普通の状態になってしまいます。

たとえばクライアントのごきげんをとるためだけに存在しているような無駄な仕事。もしあなたが会社員であればそれを“やらない”と決めるのは簡単なことではありませんが、まずはそれに気づいて上司に掛け合ってみるだけでもいいのです。大切なのは、結果はどうであれあなたが納得した上で誠実に仕事をすること。そして今すぐには叶わなくとも今後“やらないこと”リストにその無駄な仕事を入れておくことです。

たとえ今あなたがその無駄な仕事を我慢して、心を殺してどうにか終わらせたとしても、今後世の中のためにならない仕事はどうせ淘汰されていきます。これまでとは違い、どんなにあなたが辛い思いをしてやり遂げた仕事だとしても、自己犠牲の上にはなにごとも成り立たないことを覚えておきましょう。

2. モヤモヤする友達と距離をおく

モヤモヤする友達って、だいたいが仲のいい友達だったりします。しかも普段は感覚が似ているから気が合って、一緒にいると楽しい。その人との付き合い自体、生活の一部だったりするからなおさら厄介です。

けれど、そのモヤモヤって実はかなり重要な感覚。なぜなら決定打はないけれど、心の底で確かに感じる違和感の正体=モヤモヤだからです。言葉にしがたいその気持ちは、徐々にエネルギーを奪い、あなたが気づかないうちに生きる気力を減退させます。常に足に重りをつけているようなものなのです。

「でも楽しいこともある」「意見の相違さえなければモヤモヤもない」といって“偽リア充”を演じるために付き合い続けると、その重りは心身ともにあなたをむしばみ、いつしか「なにをやっても上手くいかない」波にのまれるのは目に見えています。

そんな毎日を積み重ねては、ジワジワと疲れがたまり、運気が低迷していくのは当たり前。人生は短い。
「もう絶交だ!」なんて子供じみたことを言わなくてもいいですから、まずは一緒にいる時間を少し減らして、ほんのちょっと距離を置いてみましょう。あえて会わない時間をつくることでお互いが自立してから関係が戻ることもありますし、実は会わないほうが調子がいいならお互いのため。・・・大丈夫、寂しいのは最初だけ。そう感じるのは時間を持てあましたときだけです。

3. 行動を起こす vs 完全に休む

「早くここから抜け出したい」「状況を変えたい」といいながら、行動は変えたくないのが我々大人です。今の仕事が嫌だけれど転職はしたくない、恋人からの扱いに納得がいかないけれど別れたくない、というように、本音と行動が矛盾してしまうのです。当たり前のことですが、今までと同じ事をしていては同じ結果にしかなりません。ものごとをもっと俯瞰で見て、本音を受け入れるための行動を起こす。そんなシンプルなことが運気の大逆転には必要不可欠です。

また反対に、これまでいろいろやってはみたもののまったく結果が出ないという人は、思いきって休んでみるのもひとつの手。今まで前へ前へと進めてきたことを一旦止めて、自分に休息を与える。休みの日に旅行に行くとか、友達と飲んでパーッと気分転換をするのもいいのですが、今回に限ってはそんな上辺だけのものではなく、もっと心身ともに休まるような選択をしてみましょう。
歩みを止めてしまうことは一見何もしていないことのように思えますが、これも1つの大きな行動。これまでのルーティンを変え、自分を省みたり作戦を練り直したりすることで、流れは一気に逆転することがあるのです。進み続けていたときには見えなかった次の一手がひらめくことだって十分にありえます。

これまであまり上手くいっていなかった人も、時代の流れが変わるといわれる今のタイミングで上手に波に乗りましょう。低迷から抜け出すそのときは“いつか”ではなく、“今すぐ”でもいいのですから。

TEXT=乙部アン

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる