GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDファッション

2022.09.25

「バギーデニム」をはくだけで叶う秋のトレンドコーデ

ファッションエディター&ライターの江口暁子さんの連載。日々のセレブウォッチから読み解いたトレンドをご紹介。

この秋のデニムは旬な「バギー」が正解!

2000年前後に流行したスタイルのリバイバルファッションY2KがZ世代を中心に盛り上がっていることから、当時のデニム人気が再燃! 2022-23年秋冬シーズンはバレンシアガやフェンディなど、さまざまなブランドがデニムアイテムを発表しています。クロップドトップスやマイクロミニ、ローライズなどY2Kのキーアイテム的なデニムが続々と登場する中、海外インフルエンサーがリアルに取り入れているのはバギーパンツ! リラックス感たっぷりなシルエットを、今っぽい着こなしで楽しんでいるようです。

ジェニー(ブラックピンク)

ジェニー(ブラックピンク)
トレンドリーダーとして世界的な人気を誇り、Y2Kファッションのお手本とも言われるブラックピンクのメンバーたち。新作のPRイベントのためにNY訪問の際、ジェニーはMM6メゾンマルジェラのワイドデニムで、Y2Kムード全開! デコルテのデザインにひとくせあるジャックムスのロングスリーブトップスを、胸下くらいのミドリフ丈にアレンジ。スポーティな印象のあるドローストリングのローライズで、ヘルシーに肌見せしています。

エルザ・ホスク

エルザ・ホスク
スウェーデン出身のスーパーモデル、エルザが選んだのは、ドイツ発エコデニムブランド、クローズドのフレアデニム。トップスはEterneのベビーTと名付けられた白Tに、コンパクトなヴィンテージのライダーズを重ねて、バランスよく。足元は爽やかなニューバランスの白×紺のスニーカーで、ローライズのお腹見せの好感度をアップしています。エルメスの「ミニケリー」バッグが、小さいながらも差し色効果抜群ですね。

ソニア・ライソン

ソニア・ライソン
ドイツ・ベルリンのファッションブロガー、ソニアが愛用しているのも、クローズドのバギーデニム。インナーはシンプルな白Tにしつつ、今季トレンドとして注目を集める、オーバーサイズレザージャケットを主役に。こちらは地元デザイナー、ドロシー・シューマッハのもの。あえて上下ともにボリュームのある着こなしで、モードな雰囲気を漂わせています。軽やかなプラダのロゴ入りストローバッグはデニムとワントーンに、エッジを効かせるのはボッテガ・ヴェネタのキャットアイサングラス。

エミリー・シンドレフ

エミリー・シンドレフ
コペンハーゲンのファッションアイコン、エミリーのお気に入りバギーは、スウェーデン発ブランド、ジーナ・トリコのグレイッシュな色落ちデニム。80年代風のウォッシュ具合とフェミニンなパステルイエローとのミスマッチで、ボーイズライクなゆるシルエットがこなれて見えますね。ショート丈のきれいめなジャケットはミュウミュウの新作で、ビジューぎっしりの襟がキラキラ光る、キュートなデザインに。おもちゃっぽいクリアフレームのサングラスやブレイズ(三つ編み)で遊び心をプラス。

サラ・ハリス

サラ・ハリス
シルバーヘアがトレードマークの英国版『VOGUE』副編集長、サラ。スタイリッシュな私服コーデが話題の彼女は、7月にパリで行われたオートクチュールのショーに、タック入りのワイドデニムで登場。こちらはイタリアのラグジュアリーブランド、ブルネロ・クチネリのもの。どこかエレガントなのは、足元にスニーカー系ではなく、マノロ・ブラニクの上品サンダルを合わせているから。ベーシックな白Tで、ゴージャスなゴールドトリミングのシャネルのジャケットを引き立てて、大人なバギーコーデのできあがり。

リンダ・トール

リンダ・トール
オランダのカリスマインフルエンサー、リンダはデンマーク発スポーツブランド、H2OFAGERHOLTのワイドデニムをチョイス。この8月、コペンハーゲン・ファッションウィークで来春のトレンドとして注目を集めたカーゴパンツの進化形のような、たくさんのポケットがユニークですね。そんなデニムの存在感に負けないように、重めな印象のオーバーサイズジャケットを羽織って、ハンサムモードに仕上げています。足元はシャネルのスポーツサンダルでリュクスな抜け感を演出。

デニムは定番とはいえ、シルエットや股上の深さなどに流行があって、意外と鮮度が問われるアイテム。この秋、アップデートするなら、旬なバギーデニムを選べば間違いなさそうですね。リラックスしたシルエットと独特のボリューム感ではくだけで今っぽさが出るのはもちろん、トップスは“夏”のまま、アウターを羽織るだけでサマになるので、夏から秋へのブリッジコーデにもぴったりです。人気再燃中のローライズを選んで、Y2Kトレンドど真ん中を狙ってみるのも、いいかもしれませんね。

江口暁子の記事をもっと読む。

TEXT=江口暁子

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する