GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDビューティ

2022.06.02

世界初!?最新リキッドファンデはキメを模倣

コスメ選びに迷ったら、今週発売の新製品からチェックしてみませんか? ≪5月30日(月)~6月5日(日)発売≫のコスメのなかから、GINGER世代におすすめのアイテムをセレクト。美容テンションをあげてくれるアイテムをご紹介。

YSLのリキッドファンデ

YSL

オールアワーズ リキッド SPF39・PA+++ 全10色 25ml 各¥7,260/イヴ・サンローラン・ボーテ

6月3日(金)発売

日本人はパウダーファンデが好きというのが通説だったけれど、今はリキッドタイプとクッションタイプが人気を分け合っているとか。ベースメイクの市場は大きく様変わりしているよう。その裏にはいつだってYSLの存在が!

“光の魔法”と呼ばれるコンシーラー「ラディアント タッチ」、スキがないリアル肌を演出する「アンクル ド ポー ルクッション」。その革命児に続くであろうリキッドファンデが「オールアワーズ リキッド」。美肌とはイコール毛穴レスな肌ではなく、肌のキメが美しいことが重要だった!? 世界初のメッシュ状ピグメント「スキン フュージング ネット」を採用。気になる色ムラや毛穴を隠すのはもちろん、理想的なキメを模倣するという演出によって、美しい肌になりすますことができる。

YSL

どんな肌トーンにもなじむ10シェード。人気色はLN4。

ハイカバーなのに、カバーしているように見えないのも「オールアワーズ リキッド」の特徴。またリキッドファンデはつける量が難しいという声が聞こえていたけれど、こちらは重ねても薄膜な印象のままだから、適量よりもちょっぴり多めに塗ってしまっても消えてしまうようにフィットしてくれる。しかもハイカバーとスキンケア成分の高配合の両立は難しいといわれているのに、そこもクリア。スキンケア成分77%の高配合で、使い続けることで美肌へ。もちろんリキッドファンデで追求したい崩れにくさ、テカリにくさにもこだわり、ウォータープルーフ、マスクプルーフ、スポーツプルーフのトリプルプルーフで、夏肌のリキッドとしても最適。ともかくこの夏、試さなくては損!

イヴ・サンローラン・ボーテ
www.yslb.jp

TEXT=荒木奈々

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する