MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2020.12.24

【独占取材】井上咲楽が太眉卒業。目指すのは田中みな実!

理想の女性に近づきたい、なりたい印象を叶えるなら、まずは眉毛に手を加えてみる・・・というのが、メイクの定番アプローチ。昨夜放送の日本テレビ『今夜くらべてみました』で、太くて濃い眉毛が特徴のタレント 井上咲楽さんが、人生初の眉毛カットを体験。その激変ぶりに、見ていた人は誰もが「えーーーっ」と驚愕したはず! 
そこでGINGERは、新しい眉になってからのお話し、そしてこれから挑戦したいことを独占取材、さらには井上咲楽史上、一番美しくなり、新たな魅力を放つ秘蔵カットを公開します!

左右がつながるほど太くて濃い眉毛から卒業!


2015年の「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン #kawaii」でソフトバンク賞を受賞後デビューし、趣味はもんぺ作りやぬか漬け、そして昆虫食もいとわない・・・というTHE自然児な井上咲楽さん。その天真爛漫で屈託のない語り口調が話題となり、現在バラエティ番組で大活躍中なのですが、その立派な眉毛もキャラクターの一つになっています。今回、テレビの企画でカットすることになったと編集部が聞きつけ、取材を決行。

―まずはこの「眉毛カット」企画を受けて、思ったことは?
「そもそも私、体毛が濃くて、剃ると毛穴が青白くなってオジサンの髭剃り後みたいになるんです。学生時代、校則で眉毛カットは厳禁だったけど、周囲がこっそり整えていても自分がカットするとすぐにばれてしまうので、できませんでした。ただ田舎暮らしだったから、自分の眉毛がそこまで太くて濃いという意識も周囲との違和感もありませんでした。でもオーディションを受けたとき、すごくびっくりされしまい・・・。いろいろな人がいる東京でびっくりされるということは、そんなに私の眉毛、すごいんだ、と初めて自覚したぐらいでした」

「今回、眉毛カットを提案されて、最初はとにかく”うれしい”感情が強かったです。今まで自発的に剃ろう!と思ったことがなくて。というのも、お仕事を始めてから『眉毛がチャームポイントの井上咲楽』と紹介されることが多かったので、眉毛がありきな私であり、商売道具、仕事道具だったんですよ。眉毛があるから自分は仕事ができている、それはとてもラッキーなコトと思っていましたし。
ただ一方で生まれ持ったものに頼って仕事をしている、勝負しているのって、実力じゃないのかも。それでいいのか・・・と最近では自分のなかでモヤモヤ、葛藤することもあり。タイミング的にトークやコメント力、ホントの自分のチカラで勝負していきたいという気持ちが高まっていたので、まったく後悔もなく、心からうれしかったです!」

眉毛とコンビ解散!今日から新しく旅立ちます(笑)

—眉毛を整えて、最初に鏡を見た瞬間は・・・いかがでしたか?
「びっくりして声が出なくて・・・え、誰?って。テレビで収録いただいていましたから、何か言わなきゃと絞り出した感じです。とにかく最初見たときは時が止まった感じです。テレビの放送前は限られた人にしか見せられませんでしたが、会う人ごとに”垢抜けたね””いいじゃん”とお褒めの言葉をいただきました。特に友達から可愛くなったね~と褒められると、単純にうれしかったです。カット前は『もったいないね』と言われたらどうしよう・・・って正直思っていたんですが、眉毛じゃないところで自分を見てくれているのかもと思ったら、自信が出たというか、ホント生きてて楽しいんです!
今までプライベートで出かけるとき、眉毛は嫌いじゃないけど前髪を下ろして隠して、絶対見えないようにしていましたが、今や堂々としていいんだ!という解放感というか、気持ちが晴れ晴れしていて、とにかく絶頂に生きていて楽しいんです」

赤リップ、ピンクアイメイクに挑戦したい。目指すは、田中みな実さん級のいい女!

—今後のおしゃれやメイクは、何を試してみたいですか?
「以前のお洋服は、顔の強さ、ふたつ団子ヘアとバランスをとるように、個性的で色もヴィヴィッド、POPな柄が多かったのですが、これからはその方程式を決めないんでいいんだって思っています。だから、キレイめ服も着てみようかなという気持ちが芽生え始めていて。今までそんな趣向は自分にはないものと思い込んでいたけど、意外と気持ちを押し殺していただけみたいです。イメージに合わないからやらないということ自体、しなくていいんだ!と、今、ワクワク気分しかありません。
今回着ているトップスも、友人から譲ってもらったけど私には似合わないかも・・・とお披露目するチャンスがありませんでしたが、初めて袖を通しました。自分で言うのもなんですが、意外と大人っぽくていいですよね(笑)。
もちろん、同時にメイク欲も高まってます。口元や目元に色をしっかりのせたり、眉毛自体をちょっと赤くするの、今流行ってますよね? 今までは眉毛が濃くてアイブロウで赤くすると悪目立ちしていたものも、今ならいい感じになるんじゃないかなと。躊躇せずに思いっきりメイクを楽しもうと思ってます。
そしてとにかく、田中みな実さんを目指したいです! 以前から本当にみな実さんの顔がめちゃくちゃ好きなんです。いろいろと調べているうちに美容がお好きで、磨いている、努力を惜しまないということがわかって、更新されていく楽しさ、変化、向上を止めないことがステキ!っていうことを教えてもらいました。今回の眉カットの後、髪色もみな実さんに近づけたんです(笑)。

「いばらの道が待っていると思っていたけど、眉毛カットで見た目だけじゃなくて、気持ちもここまで変わっている自分にびっくりしています。ただもっと可愛くなりたいという気持ちが強くなって。何かにとりつかれてつらくなってしまうのではと想像していたけど、単純に、今追求したいことをやればいいってことが、楽しくて仕方ありません。新しいことにチャレンジするって本当に気持ちがいい! それを改めて体感できました。
今まで、バラエティでカメラが寄ってくると眉毛を動かして笑いを取っていましたが、これからはトークを頑張って認めてもらわなきゃって思ってます。どう変わっていくのか予測もつかないけど、期待感はとにかく高まっています!」
人生初の「眉毛カット」を体験したことで、21歳の女性として新たな魅力を開花させた井上咲楽さん。初のファッション・メイク撮影だったとは思えないほど、ラストカットでは抜け感のあるフェミニンな印象を放ち、スタッフ一同からの絶賛の声がスタジオ中に響きわたりました。これを機に、ヴィジュアル撮影も増えていくこと間違いなし。今後も彼女から目が離せません!

PHOTO=内田紘倫

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する