MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年8月号
7月号 Now on sale
楽しければ、うまくいく。

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2019.10.17

田中みな実「無理をしてでも、やり遂げない?」

まさにGINGER世代ど真ん中を生きる、田中みな実さん。場を仕切り、盛り上げ、ボケもツッコミもこなす知的な仕事人として、コスメ愛を探究する美容賢者として、チョコレートをこよなく愛する乙女として、その人気と注目度はますます上昇中。 そんな彼女が本音で綴る連載コラム「田中みな実 ここだけ話」。今回は、みな実さんからの“お願い”です。(編集部)

今回のテーマ:ぶりっ子の再来

田中みな実

このところ番組で“ぶりっ子いじり”をされると、「いい歳して、またぶりっ子始めたの?」と、世間の反応は以前にも増して冷ややかである。ごもっとも。
30歳を過ぎたいい大人が、アニメの世界でしか見ないような可愛い子ぶった身振り手振りをしているのは、どう見たってオカシイ(笑)。

かつての強烈なイメージと生来のぶりっ子気質からか、こちらが意図せず発した(意図的な場合もあるが)言葉や仕草を「ぶりっ子してる~!」とつっこまれることは未だ度々ある。そんなときは“ぶりっ子キャラ”の引き出しを全開にして、とことんやり切る。ご不快に思われる方もいるでしょう。でも、日常似たようなケースに出くわすことは少なくない。

「君、ごはん美味しそうに食べるところがいいね~」と感心されれば、たとえお腹がいっぱいでも残さず食べるし、「俺のも食べる?」との勧めに「いいんですか!」と、無理をしてでも“食いしん坊キャラ”をやり遂げない?

「気が遣えるよね~」とお褒めの言葉を頂けば、いつも以上に気遣いの達人でいなければと気張ってしまわない? 相手の言葉を受け、空気を読み、もっとも相応しいと思しき行動をとるのは大人として何ら間違っていないのでは!?

・・・なーんて、つらつら自身を肯定するようなことばかりを綴って、何が言いたいのかというと、ぶりぶりした私を目の当たりにしたら「あ、そのスイッチ入れたのね」って、大目に見てくださいな! という長めのお願いでした。

田中みな実

《オフショット公開》同期のマイホームへ。 マイホーム・・・そんな歳よね。 ぶりっ子どうこう言ってる場合じゃない。

TEXT=田中みな実

PHOTO=吉田崇(まきうらオフィス)

HAIR & MAKE-UP=河北裕介

STYLING=筒井葉子(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年8月号

7月号 Now on sale

楽しければ、うまくいく。

最新号を見る

定期購読はこちら

7月号 Now on sale

楽しければ、うまくいく。

5月24日(月)全国発売のGINGER2021年7月号には、ベリーショートが話題になっている石原さとみさんが、カット前の“最後のロングヘア”で登場。日々の小さな幸せの拾い上げ方や“愛されること”“本当の幸せ”について語り尽くしました。デビュー10周年を迎えるSexy Zone、日本人で-POPアーティストとして活躍するYUTAさん(NCT 127)が初登場。さらに前号に続き、佐藤健さんのスペシャルインタビュー後半も掲載。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる