MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年8月号
7月号 Now on sale
楽しければ、うまくいく。

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2017.12.19

香里奈のひとりごと「ひとりで気ままに、街をぶらぶらしてる」

『GINGER』の連載「KARINA’S GARDEN」のアーカイブを順番に振り返りながら、“あのころ”と“今”、ときには“これから”を語る「香里奈のひとりごと」。写真好きの香里奈が、連載用に撮り下ろしてきた思い出のショットも紹介します。

香里奈

下町の懐かしい感じが好きだった

「KARINA’S GARDEN」では、あまり予定を決めずに街を散策するってことも多くて、思い返すといろんなところに行ったなぁ。下町と都心ではまったく街の表情が異なるし、歩いている人のスピードも違って、同じ東京でもぜんぜん空気が違った。
神田や御茶ノ水あたりを散策したとき(2009年8月号)は、甘味処の竹むらでクリームあんみつとぜんざいで休憩したり、路地裏を歩き回ったりして、なんだか懐かしい気分に浸れて楽しかった。
香里奈
渋谷あたりだと、たとえばハチ公とかインスタ映えするスポットで写真だけ撮って「わーいいじゃんいいじゃん」ってスマホの画面で写真を確認して、撮り終えたらすぐに立ち去っちゃうのもよく見る。そのものを置き去りにして。そうでなくても、スマホを見ながら歩いているか、とにかく急いでいて周囲が目に入っていないかんじの人が多いでしょ。
でも、下町で行き交う人は歩調もゆるいし、観光客は周りを見ながらのんびりと歩いたり立ち止まったりしてて。“感じながら”楽しんでいるかんじがする。なんだかこう、時間がゆったり流れていて、ほっこりした。

香里奈

GINGER 2009年8月号より

下町の空気感をたとえるなら、大好きだった祖母の温もりに似た心地よさ。懐かしくて、温かくて、優しいかんじ。
その祖母が亡くなってもう4年。ほっこりオーラがある反面、ある部分はすごくファンキーのおばあちゃんだったんだよね。

かつて、容体が急変して緊急病院に運ばれたときにも、すごく焦って駆けつけた私と母が病室に駆け込んだら、ベットの上で“いないないばぁ~”みたいなジェスチャーをしておどけた顔を見せたりして。「ちょっと、おばあちゃん! 大丈夫なのっっ??」みたいな。たぶんもう、私が誰なのかわかっていなかったと思うんだけど、何か若い人が来たから面白いことして楽しませようみたいな、そんなふうにサービス精神旺盛な人だった。だから、周りの人からもすごく愛されていたと思う。今も姉がちょっとふざけて面白いことをすると、それっておばあちゃんに似てるよ、なんて思う。みんなそういうところ、受け継いでるんだよね、きっと。

子供のころ、雪が積もったときに「いちご飴と一緒に雪を食べるとかき氷みたいな味だよ」って教えてくれて試したことも(あのころは雪も今よりキレイだったからね 笑)、私のなかの大切な想い出。

下町散歩で撮影した写真からー photos by Karina

香里奈

竹むらのクリームあんみつ。ほんと美味しかった!

香里奈

ぜんざいは、ほどよい甘さで何杯もいただけそう。

香里奈

御茶ノ水駅近くの聖橋から神田川を撮った一枚。

香里奈

御茶ノ水のランドマークの1つ、ニコライ堂。

目黒川沿いのお店を覗きながら

その次の回(2009年9月号)では、目黒川沿いを散歩。撮影したのが初夏だったので、風も緑もすごく気持ちよかったのを覚えてる。
香里奈
ちょっと前に、母と姉たちと、犬連れでこの近くのパスタ屋さんに行ったんだけど、あ、ココってあのとき撮影後にみんなでランチしたお店だなって、まさにこの連載の回を思い出したりして(笑)。
8年ぐらい経つと、周辺のお店も様変わりしていた。もちろん、ずっと残っているお店もあるけれど、いつの間にか新しいお店ができていたりして、あれ? この場所って前は何があったんだっけ?と思い出せなかったり。街の景色って、そうやって少しずつ変化していくよね。

香里奈

GINGER 2009年9月号より

私がもしお店を開くとしたら・・・を妄想すると、ハウススタジオと犬カフェとか(笑)? 普段は犬連れOKのカフェで、撮影にも貸出ししますよ、みたいな。撮影用のハウススタジオって、間取りとかインテリアを考えるだけでも楽しそうだし。私、引っ越す予定があるわけでもないのに、物件を見るのが好きで。というより、間取り図とか見るのが趣味です。チラシとかネットとかで目に入ると、どれどれ?ってついついチェックしてしまう。これって子供のころからなんだけど、“おうち”にまつわることが好きなんだよね。いつかこんな家に住みたいな、と妄想だけはどんどん広がる一方ですね(笑)。

目黒川散歩で撮影した写真からー photos by Karina

香里奈

初夏の光と木々の影、コントラストがきれいだった。

香里奈

お店の軒先に置いてあった金魚鉢。亀さんも同居(笑)。

ということで、今回のキーワードは「散歩」でしたが、私はわりとひとりでフラフラしているタイプです。バスやメトロもよく利用しているし、目的地までの乗り換えとかちゃんと確認して出発します。っていう話をすると、みんなから、え!意外、すぐにタクシーとか乗っちゃいそうなタイプにみえるって言われるけど。いやいや(笑)、普通に乗るでしょ!! 車やタクシーではわからないようないろいろな発見もできるし。なかでもバスが好きで、耳に入ってくる.地元のおばあちゃんたちの会話とか聞いて和んでます。

買い物は、とくに目的もなく出掛けていって、いいものがあったら買うというパターンが多いかな。百貨店や路面店にフラリと入ってみたり、日用品や家電の量販店も好き。量販店は、こんなのあるんだ~みたいな、発見が楽しいよね。宝物探し気分です。最近はマッサージャーとか気になってる。店頭で実物をしっかり確認したいから、いろいろ吟味して“自分へのご褒美”ってやつを検討してみます(笑)。

PHOTO=生田

STYLING=豊島優子

HAIR & MAKE-UP=神戸春美

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年8月号

7月号 Now on sale

楽しければ、うまくいく。

最新号を見る

定期購読はこちら

7月号 Now on sale

楽しければ、うまくいく。

5月24日(月)全国発売のGINGER2021年7月号には、ベリーショートが話題になっている石原さとみさんが、カット前の“最後のロングヘア”で登場。日々の小さな幸せの拾い上げ方や“愛されること”“本当の幸せ”について語り尽くしました。デビュー10周年を迎えるSexy Zone、日本人で-POPアーティストとして活躍するYUTAさん(NCT 127)が初登場。さらに前号に続き、佐藤健さんのスペシャルインタビュー後半も掲載。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる