GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFウェルネス

2022.12.06

染色はまるで神秘のアート。経年変化からその息遣いを感じて

染色を中心に自然素材や廃材を使った作品制作を行う現代美術家・山本愛子さん。染色と旅を通じて得た、ささやかな気付きをつづる。【連載「植物と私が語るとき」

東京の離島で、染色と深呼吸

初めまして。この連載では、私が旅先の自然や、染色から得た経験から、心がふっと軽くなる思考の種をお届けしたいと思っています。
 
さて、「神津島」という東京の離島をご存じですか? 神津島は、伊豆の島々を作るために神々が集った島といわれています。そんな神秘的な土地は、美しい布を染める自然にあふれています。染色は、水、風、土、植物、鉱物など、あらゆる自然の力を凝縮した、神秘のアート。

島の皆さんと植物を採取して染料を作り、染色ワークショップを開催しました。集めた植物は、明日葉、パッションフルーツ、カクレミノ、椿など。そして、植物だけではなく、温泉水、薪ストーブの灰、黒曜石などの資源も染色に使えます! 数々の発見を楽しみながら、色とりどりの美しい布が染まりました。

神津島

神津島の拠点「くると」にて草木染をする様子

染めの体験は一度きりのものではなく、生活のなかで布を使うことで続いていきます。自然のエネルギーから染まった色が、長い年月をかけて使い古され、ゆっくりと色褪せる。まるで布が、色という命を吸って吐く、深呼吸のようだと私は感じます。私たち人間もそんなふうに、ゆっくりと呼吸をして生きていけたら。多忙なときこそふと立ち止まり、染色のように深呼吸をしてみましょう。

山本愛子(やまもとあいこ)
1991年神奈川県生まれ。東京藝術大学大学院先端芸術表現科修了。自身が畑で育てた植物や外から収集した植物を用いて染料を作り、土着性や記憶の在り処を主題とした作品を制作している。

EDIT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する