MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年7月号
7月号 Now on sale
私をつくる、私のナカミ

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFウェルネス

2022.05.14

面倒でもあえて着る。あえて履く。【齋藤薫の美脳格言】

キレイになるためには気持ちのメンテナンス、意識革命も重要です。業界で絶大な信頼を集める美容ジャーナリスト齋藤薫さんが、独自の視点で「いい女」に近づくためのヒントをお届けします。

イメージ画像

ひとたび面倒になったオシャレは、もう二度と再開できない危険を知ろう

人間はすぐ慣れてしまう生き物。ちょっと派手かなと、最初は尻込みした服も、2度目3度目には何の恥じらいもなくなっている。でもその逆もあり、しばらく身につけないと、それに体が慣れてしまい、そのまま遠ざかってしまうものもある。例えばピンヒールにウルトラミニ、そして水着。

この2年半、マスク必須だと、何だかオシャレにも力が入らず、とりわけ目立つ格好をしたいとは思わなかった。完璧なオシャレほど、最後にマスクをする時虚しい。だから脱力し、冒険もしない。水着など、尚のこと。気合を要するオシャレはお休みしていた。でもそうこうするうち楽なオシャレに慣れてしまい、10センチヒールでキレイに歩く努力も、ウルトラミニで1日中足をキレイに見せる努力も、しばらくしていない。ある意味、着るための体や意識が鈍ってしまい、ハードルの高いオシャレほど面倒になっていたはず。

そして残念ながら私たちは、コロナ前よりも2歳半歳をとった。ブランクとして2年半は長い。高度なオシャレは年齢を重ねるほどに、復活させるのが難しくなる。もう生涯再開させなくてもいいやと思ってしまうに十分な時間である。いや、それどころかマスクはまだもうしばらく続くはずで、そうなってしまう前に、面倒でもあえて着る。あえて履く。水着も3年間着ないと、結構な勇気とエクササイズが必要になる。ここは家で時々水着を着て鏡の前でポーズ、そういうエア水着も必要。いずれにせよ、鈍った体のまま歳を重ねてはいけないのである。絶対に。

【齋藤薫の美脳格言】をもっと読む。

TEXT=齋藤薫

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年7月号

7月号 Now on sale

私をつくる、私のナカミ

最新号を見る

定期購読はこちら

7月号 Now on sale

私をつくる、私のナカミ

5月23日(月)全国発売のGINGER2022年7月号通常号には、平手友梨奈が表紙に初登場。インタビューテーマは、日ごろあまり語ることのないという「自分らしさ」について。また生田斗真、山田涼介(Hey! Sɑy! JUMP)、Travis Japan(ジャニーズJr.)、磯村勇斗、田中みな実、宇野実彩子(AAA)、佐久間由衣、水溜りボンドといった数多くのゲストによるスペシャルインタビューも掲載。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する