GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFメイクアップ

2021.09.19

秋の気配を感じさせる、やわらかな赤のフェミニンメイク【おとなメイク実験室】

抜群のセンスと明るいキャラクターで、GINGERをはじめとする女性誌や美容誌はもちろん、モデルやタレントさんからも引っ張りだこな人気ヘア&メイクアップアーティスト木部明美さん。今回の連載「木部明美のおとなメイク実験室(キベラボ)」は、秋の始まりにぴったりなメイクをご紹介します。

アースカラーの目元でつくる、秋の始まりを感じるメイク

キベラボ

木部さんが今回提案するのは、アースカラーのシャドウでつくる、柔らかな雰囲気のメイク。ポイントは、カーキ×ボルドーのカラーコンビにベージュピンクのマスカラを合わせて、目元を全体的に赤っぽいニュアンスに仕上げること。秋になると定番のアースカラーも、入れ方を工夫したり、いつもと違う意外なカラーを1点投入するだけでグッと新鮮な印象に。

キベラボ

ほんのり上気したような赤のニュアンスで、女性らしく大人っぽい雰囲気に仕上がります。

このメイクの使用アイテム

キベラボ

〈左から〉rom&nd ジューシーラスティングティント 22 ポメロスキン ¥1,320/韓国高麗人蔘社 シグニチャー カラー アイズ 106 ¥7,700/SUQQU RMK インジーニアス パウダーチークス N EX-20 ¥3,300/RMK Division(数量限定品) ニュアンスカラー マスカラ アガットピンク ¥1,408/BABYMEE

How to Make-up

1. キラキラシャドウを上下まぶた目頭よりに
キベラボ

SUQQUのパレットの左上のゴールドベージュを、上まぶたの目頭から黒目の外側くらいまで入れます。下まぶたは目頭から目の下までやや広めにのせて。

2. カーキシャドウを目尻よりに入れる
キベラボ

同パレットの右上のカーキシャドウを上まぶたの目尻より1/3くらいに入れます。1で入れたシャドウと少し重ねるように入れると自然に。

3. 下目尻にボルドーシャドウをオン
キベラボ

下目尻1/4に、パレット右下のボルドーを入れます。ニュアンスを感じる程度に少し入れるのがポイント。

4. ボルドーシャドウで二重に影をつける
キベラボ

上まぶたの目尻より1/4ぐらいまで、二重のライン上にボルドーシャドウでラインを描きます。目元がグッと深く見えてより秋っぽい印象に。

5. 上下まつ毛にマスカラをたっぷりと
キベラボ

BABYBEEのベージュピンクのマスカラを、上下まつ毛にたっぷりのせます。まつ毛の黒が隠れるよう、上からも下からも丁寧に塗って。

6. チークは頬の内側にほんのりオン
キベラボ

チークは目元と口元をつなぐよう、深みのあるくすみピンクをブラシでふんわりナチュラルに入れて。頬の内側に入れると、柔らかさと甘さが出ます。

7. ウォーミーなツヤリップで女性らしく
キベラボ

リップはウォームトーンで深みのあるオレンジカラーをチョイス。大人っぽいカラーのツヤ質感で、ちょっとセクシーな女っぽさをプラス。

完成!
キベラボ

赤のニュアンスが色っぽい、やわらかな大人のフェミニンメイクが完成! 通常、グラデ使いをしがちな4色のアイシャドウパレットですが、部分的に塗ったり、あえて重ねづけしないなど、既成概念を破って感性の赴くままに自由にいろいろ試してみるのがポイント。

いかがでしたか?
定番のアースカラーでも、いつもと違う女っぽい雰囲気になれるので、ぜひマスターしてみてください。

【木部明美のおとなメイク実験室(キベラボ)】をもっと読む。

PHOTO=勝吉祐介(PEACE MONKEY)

HAIR & MAKE-UP=木部明美(PEACE MONKEY)

MODEL=長石朝美(美GINGER)

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する