MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

MYSELFメイクアップ

2019.08.26

暑い日も崩れ知らず!ふわっとマットな美肌の作りかた

ヘア&メイクアップアーティスト 木部明美さんの人気連載「おとなメイク実験室」通称“キベラボ”。 毎月さまざまなテーマを決めて、木部さんの感性が光るメイクのTIPSをお届けしています。

今月は「肌」にフィーチャー。ナチュラル肌、マット肌、ツヤ肌・・・と、気分しだいで上手に作りわけられたらメイクがもっと楽しくなるはず。今回は、厚塗りにならずにキレイに仕上がるマット肌を学びましょう!

使うアイテムはこれ!

今回は「毛穴隠しファンデ」と名高いカバーマークのパウダーファンデを使用。それ以外にも、スティック状の下地やコンシーラーが用意されています。

「マット肌のキモはベース作り。ファンデ前のひと手間をプラスするだけで、ぐんと上級者な仕上がりになりますよ」

シルキー フィット SN30/カバーマーク
ジェン ヌード パウダー ブラッシュ ベージュ フォー デイズ/ベアミネラル
リキッドコンシーラー 02/アンプリチュード
タンイドル ウルトラ ウェア ブラー/ランコム

まずはいつもの下地を塗り、さらにランコムのマット下地をオン。

毛穴が目立つ、鼻周りや頬に直接塗っていきます。肌の凹凸を押さえて、ほどよいマット感に」

コンシーラーで、くすみやムラが気になるところをカバー。

「リキッドを乗せたあと、指やスポンジで伸ばします。ファンデに頼らず、ピンポイントでカバーする、このひと手間が大切です」

ベースが整ったら、ここでいよいよパウダーファンデが登場。

「付属のスポンジでふわっと乗せて。前回のナチュラル肌同様、眉下~小鼻あたりをメインに。顔の外側に塗り過ぎないのが、厚塗りにならないコツです」

最後にシェーディングで仕上げ。

「マット肌はのっぺりとした印象になりがちなので、メリハリをつけるためにも、シェーディングはマスト。頬骨の高い位置からアゴにかけて、さっと撫でるように入れて」

完成!

ふわっとマット、でも厚塗り感のない、絶妙なニュアンスに仕上がりました。

「コンシーラーやベースでカバーし、ファンデは最小限にするテクは、夏のメイク崩れ防止にも有効です。今日はアイメイクもマット系にして統一してみました。ノーブルで大人っぽい雰囲気になれるマット肌、ぜひ試してくださいね」

PHOTO=勝吉祐介(PEACE MONKEY)

MODEL=赤尾麻紀子

TEXT=GINGERweb編集部

HAIR & MAKE-UP=木部明美(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる