MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVINGGINGER白書

2021.09.08

コロナ禍で出会って付き合っているカップルはどれくらいいる?

これまでとは決して同じではないからこそ、新しい形が生まれている? 最近の恋愛事情についてアンケート調査を実施しました。

オンラインでの恋愛

(c)BSVIT/Shutterstock.com

現在、パートナー(彼や夫)はいますか?

円グラフ
3分の2以上の人がパートナーあり。シングルの人のうち、コロナ禍で別れた人も。

「彼はいますが、なかなか会えないのでつまらないです」(27歳/通信)

「コロナ前に別れてから、彼氏なし記録更新中。出会いがほとんどなくなりました。いったい、いつ彼氏ができるのやら(泣)」(28歳/自営業)

パートナーがいる人はコロナ禍中に交際をスタートしましたか?

棒グラフ
コロナ禍で交際を開始した人も! いったいどのようにスタートしたか気になるところ。

「自宅勤務でほとんど人と会わなくなったなか、元彼とLINEのやりとりが復活して、恋心も復活。復縁しました」(29歳/サービス)

「Zoom飲み会で知り合った彼と、先月から付き合うことに♡」(30歳/IT)

デートはどこでしますか?

デート場所ランキング
家と回答した人がダントツ。4位以下は公園や旅行という結果に。

「コロナになってからお互いの家を行き来するだけ。新鮮味がなくなりました」(27歳/メーカー)

「彼も私もお酒が好きなのに飲みに行けないのがつらい! 家飲みばかりなので、早くレストランやバーに行きたいです!」(26歳/金融)

コロナ禍のデートや交際で変化はありましたか?

ますます仲よしに♡
「一緒にいることが増えて、彼のいいところを再確認♡ コロナ前よりも仲よくなっているのを実感しています」(29歳/IT)

会える時間が貴重になった
「会いたいときに会える、というわけではなくなってしまったので、会える時間がかけがえのないものに♡」(30歳/法律)

倦怠期が継続中(泣)
「冷めたまま交際を継続している感じです。もし普通の生活だったらほかの人に出会えたかなと妄想が…」(27歳/通信)

コロナ禍のデートで気にしてしまうことは?

人ごみを避けています
「人が密集していそうな場所でのデートは避けるようになりました。行く所がなくて困ることも」(29歳/IT)

メイク崩れが気になる!
「マスクをして待ち合わせをして、カフェや飲食店に入ってマスクを外すときメイクがよれて困ります(泣)」(30歳/金融)

SNSに投稿しづらい
「出かけたことをおおっぴらにしづらいので、SNSへのデート投稿が減りました。なんだか寂しいです」(27歳/マスコミ)

オンライン恋愛

(c)oatawa/Shutterstock.com

コロナ禍のデートにまつわるエピソードを教えてください!

ぎこちない会話がなんか気まずい
「SNSで出会った彼との初デート。チャットでの会話はスムーズだけどいざ対面で会うとぎこちなさが…」(28歳/メーカー)

ビデオ通話が増えて彼とラブラブ
「ビデオ通話が苦手な彼。会えない時間が増えたからとがんばってビデオ通話してくれる姿が愛おしいです」(26歳/自営業)

気軽に家に誘う男に要注意
「アプリで出会った男性と初デートで、家デートを提案された。今のご時世的にわかるけど初対面でいきなりは怖い!」(27歳/教育)

パートナーがいる人は、相手との距離が縮まったり信頼感がより芽生えたりというプラス面がたくさんうかがえました。そして、シングルの人は出会いが少ないながらも、恋を育んでいる人も。その秘訣はオンラインでも会話をたくさんすることだそう。実は恋のチャンスは必ずあるから、希望を持っていい出会いを探しましょう!

※この記事はGINGERサポーター(約3,000人)へのアンケートを基に構成しました。

TEXT=森田有希子

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する