MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVINGマネー

2021.04.17

50万円が“自分への投資”に消える!フリーランスPRのお財布事情

読者の皆さんに家計簿とお財布の中身を公開していただく人気連載「MONEY事情」。今回登場していただいたのは、坂本優香さん(仮名/27歳・未婚)。さっそくチェックしていきましょう!

お金の勉強

(c)Romix Image/Shutterstock.com

年収と、現在の貯蓄額を教えてください!

「年収は600万円です。新卒で入社したメーカーの広報を経て、昨年10月フリーランスに。イベントのキャスティングや企業SNSの運用をしています。仕事とプライベートの境界線は曖昧になったけれど、年収は会社員時代に比べてアップしました。

貯蓄は100万円。クレジットカードの引き落としのたびに貯金を切り崩すという悪いクセが…。来年、アメリカに仕事の拠点を移したいので、今年1年で渡米資金を400万円貯めるのが目標です」

重なる出費も、将来の自分への投資

坂本さんの家計簿
入ってくる額も出ていく額も多い家計簿。でも現状の支出は将来の自分への投資や仕事の一環となっていることから、「削りたくない」と話す坂本さん。とはいえ海外に拠点を移すためには、それなりの初期費用は必要となってくるはず。

「フリーランスは自分の仕事量を自分でコントロールして、それに準じた収入を得ることができるので、この1年は海外進出資金調達のためにもがむしゃらに働いて、その余剰収入を貯蓄に回そうと思います」

お財布の中身を見せてください!

坂本さんのお財布の中身
そんな坂本さんのお財布には、クレジットカードがたくさん! フリーランスになると新規入会しづらくなるとはいえ、もう少し減らしてもよさそうです。

「クレジットカードの使い方は早急に改めたいと思っています。使った自覚がなく、毎月の請求明細を見て、驚愕することが多々あります。でも、現金払いよりも、ポイント還元などお得な特典があるので使わない手はなくて…」

独立したこともあり、今年中につみたてNISAと個人型確定拠出年金を始めようと計画中。小規模企業共済などの制度もあるため、フリーランスになるならお金の勉強が不可欠と言えそうです。

PHOTO=植一浩

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる