MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年11月号
11月号 Now on sale
おしゃれとお金のいい関係

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVINGマネー

2021.02.03

手取り22万円のうち10万円貯金!実家暮らしでなくても貯金できる事例

読者の皆さんに家計簿とお財布の中身を公開していただく人気連載「MONEY事情」。今回登場していただいたのは、保険会社で働く菅原裕子さん(仮名/28歳・未婚)。さっそくチェックしていきましょう!

ブタの貯金箱

(c)eamesBot/Shutterstock.com

年収と、現在の貯蓄額を教えてください!

年収は320万円です。転職や留学などを経て、現在は保険会社で営業を担当しています。働きやすさを求めて転職した結果、前職よりも給料は多少ダウン。そのぶん貯金を心掛けています。

貯蓄は250万円。年間最低120万円は貯金に回し、60歳までに5,000万円貯めるのが目標。今よりもっと貯まったら不動産投資を始めてみたいと思っています。

1ヵ月の収入&支出は?

家計簿
同棲している彼と結婚間近という菅原さん。生活費は折半しているそう。

「両家の親がお金に関する仕事をしているため、マネー意識が自然と高まってきました。税金や株式投資、不動産投資など、身内にそれぞれ得意な人がいていつでも聞けるのは良い環境だと思っています。まずは保険の積み立てなどから始めて、将来は不動産投資をするのが目標。両親が2つ家を持っているのですが、やはり不労所得があると安心だなと」

お財布の中身を見せてください!

財布の中身
実は彼は日本在住の外国人。もともと海外旅行が好きなため、コロナ禍が収束したら世界を行き来することでお金がかかってくる可能性も。

「旅行など好きなことへのお金は惜しまずに出したいので、日頃の無駄遣いを減らして節約したいです」

実家暮らしではないのに、月10万円ほども貯金に回しているのは見習いたいところ。まずは菅原さんの「服代は1シーズンで上限1万5000円」のように、予算立てをすることが大切といえそうです。

PHOTO=植一浩

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年11月号

11月号 Now on sale

おしゃれとお金のいい関係

最新号を見る

定期購読はこちら

11月号 Now on sale

おしゃれとお金のいい関係

9月21日(火)全国発売のGINGER2021年11月号には、今、世界中を席巻しているK-POPのなかでも最注目の「SEVENTEEN」メンバーの3人が表紙に初登場。カバーストーリーでは10ページにわたり、彼らの魅力について掘り下げます。特集では「賢いお金の使い方が、おしゃれや豊かな生活に繋がっていく」という今の時代に持つべきマインドをテーマに、お金との向き合い方、活かし方をあらゆる角度から紹介します。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する