MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1
2月号 Now on sale
エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVING恋愛・婚活

2020.10.01

より難易度の低い“出会い”はどこにある?:DJあおいの結婚偏差値ノート64

月間約600万PV、twitter約36万フォロワー(2アカウント合計)! 日本一恋愛相談を受けている大人気ブロガー DJあおいさんによる恋愛講座。

結婚偏差値50の問題です。

婚活市場で勝ち抜く武器とは、外見か内面か、どちらでしょうか?

どちらが正解か、選んでください。

Licensed by Getty Images

正解は「外見」でした。
「婚活」という言葉が流行語になったのは2009年。当時は「来年には無くなっている言葉だろうな」と予想していたのですが、あれから11年、まさか文化になるまで根付くとは思ってもいませんでした。

全然関係のない話ですが、齢90を越える大お姉様が「婚活」というものを花嫁修行的なものだと思っていたようです。本当はそっちの婚活の方が必要なのかもしれませんね。

閑話休題、結婚相手に求めるもので最も大切なものって、相性の良さであったり、居心地の良さであったり、性格の良さであったり、全て内面的なものに関連するものですよね。内面的なものってコミュニケーションを重ねていかなければわからないものであって、婚活パーティーで5分話したくらいでは内面なんてわからないし、アプリで何度かメッセージをやり取りしてもわからない、もちろん二度三度デートをした程度でもよくわからないんです。

そうなると内面的なものを窺い知ることのできる情報は視覚情報が主になってしまうもので、優しそうな顔立ちの人や、誠実そうな顔立ちをした人、清潔そうな顔立ちをした人や、愛嬌がありそうな顔立ちをした人が人気になるわけで、そういう意味で婚活なんてぶっちゃけて言えば見た目の良い人から真っ先に選ばれていくんですよね。

嘆かわしいことかもしれませんが、婚活という世界は普通の出会いとは異なり外見至上主義の世界なんですよ。しかも婚活人口が増えていますので、私たちのような顔面偏差値50の人間には厳しい戦いが強いられることになり、だから「婚活ウツ」になってしまう女性が絶えないんです。

内面が重要視される結婚のはずなのに、外見至上主義という世界に飛び込んでしまうのは本末転倒。相性や居心地の良さ、性格等の内面的情報は、人間関係を形成するプロセスでわかるものなので、生活圏内で人間関係を広げていく方が確実だしチャンスもある、もはや婚活市場の方が難易度が高くなっているように感じます。以上、DJあおいでした。

TEXT=DJあおい

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

GINGER2021年2月号では、今の時代に知っておきたいエンタメ・ムーブメントを大特集。
表紙は、日本から世界を目指し、およそ6,000人が参加したサバイバルオーディション番組から誕生したJO1が登場。デビュー後の1年間を振り返りつつ、自分たちの未来について熱く語ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる