MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1
2月号 Now on sale
エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVING恋愛・婚活

2019.05.31

【アラサーリアル婚活記⑯】バツイチ男子との恋愛はアリ寄りのアリ?の巻

20代なんてまだまだチヤホヤされてナンボでしょ!なんて思い過ごしていたら、気づけばアラサー&彼氏いない歴5年。周りは長く付き合っている彼と婚約秒読み!なんて女子が急激に増えだした。一方で、私はWEB系コンサル会社に転職し、毎日慣れない仕事に奮闘するも、このままじゃ気づいたときには30代突入してるかも・・・、とようやく焦りだした、ごく一般的なOL。ワタシ、一之瀬ゆりか 27歳のセキララ婚活ドキュメントをここに綴っていく。
今回は友人が開いてくれた飲み会で知り合った30代後半男子との出会いについて詳細にお伝えする。今回もタダでは済まない事件が起きそうな予感・・・。ご覧ください。

リアル婚活日記

(C)Robsonphoto/Shutterstock.com

30代後半男子は安定感&居心地の良さがイイ!

「飲み会開くから、今月の週末で空いてる日ぜんぶ教えてー! 相手の幹事の人は36歳独身の歯医者で4対4だよ!!」

仲の良い女子のグループLINEに突然書き込んできたのは、お色気系お姉さんキャラでしっかり者の友人A子。某航空会社で働くA子は、広い人脈の持ち主であり、仕事柄もあってなのか飲み会案件が絶えないようで定期的に皆をお誘いしてくれるのだ。

ゆりか(心の声)(うーん、医者かぁ・・・)

今まで出会ってきた医者のイメージというと(あくまでワタシの独断と偏見で!)「俺ら医者と生活リズム合う女性って、CAしかいないんだよね~」と真顔でほざいてくるヤツだったり、「いつもモデルと飲んでばかりだったから、たまには普通の女の子と飲むのも楽でいいよな」なんて謎の上から目線だったりと、高飛車で勘違い発言を連発するイタイ男ばかりだったので正直、不安要素が満載だった。

ゆりか「幹事以外の人も全員お医者さん?」

友人A子「それが実はまだ分かんないんだよねぇ」

ゆりか(心の声)(どうか全員お医者さんじゃありませんように・・・)

そんな切なる願いを抱いて臨んだ飲み会当日。明らかに医者っぽくない、ダンディでひと昔前のトレンディ俳優のようなオーラを放っているメンズを発見! 席が隣だったので職業を聞いてみた。

ゆりか「お仕事は何されているんですか?」

男性「きじを作る仕事をしてるよ!」

ゆりか「へぇ!どんな記事を書いてるんですか?」

男性「あ、そっちじゃなくて生地ね(笑)。テキスタイルのほう! 洋服も作ったりする会社だよ」

ゆりか「あ、失礼しました(笑)。ファッションお好きなんですね! 確かにオシャレさん!!」

一見して個性的な服を着ているし、オシャレが好きなんだろうな~という印象。あだ名はもちろんコレ。「トレンディ君」(笑)。

幹事「こいつオシャレだしかっこいいし、小学校のときからずっと学年で1番モテ続けてきたんだよ!」

男性B「そうそう、それなのに調子に乗らないイイヤツなんだよな~」

やたら男性陣がトレンディ君を褒めちぎっている。確かに、こんなにモテそうな感じなのに、話し方に嫌味が一切なく落ち着き払った様子だ。

男性陣の共通点は小学校から大学までの同級生だそうで、とても仲がいいらしい。他の男性たちも、パティシエやゴルフ場経営など普段あまり出会うことのない変わった職業の人ばかりだったけれど、遊びまくっているように見えないし、品のある雰囲気で余裕を感じられた。これが30代後半の余裕というものね。

イケイケ&グイグイなメンズたちばかり最近見てたから、なんだか安定感があってとても居心地の良い人たちだった。そして出身校を聞いて納得。お金持ちの子女たちが通う都内の学校だったので、彼らは”おぼっちゃま”だということを女子全員が確信した(笑)。
ってことは、4人とも36歳ってことだけど冷静に考えてその歳で全員独身ってありえないわよね・・・?

独身よりはマシ!? バツイチには学びがある

リアル婚活日記

(C)Tanya_Terekhina/Shutterstock.com

友人B子「皆さん彼女はいないんですか?」

すると、最初に口を開いた男性が深刻そうな顔をしてこう答えた。

男性A「俺ら全員彼女いないよ!でも実は俺バツイチなんだよね・・・。離婚してから数年経つけど彼女できなくてさ」

まさかの突然のカミングアウト。答えてくれた彼はバツイチをとてもコンプレックスに感じているようだった。

ゆりか「へぇ!でも全然バツイチなんてイマドキたくさんいるし、気にする必要ないですよ」

友人B子「確かに。むしろ36歳で一度も結婚してないほうが何かあるんじゃないかなって警戒しちゃいますよ!」

友人C子「そうそう!!ここにいる他の男性たちには失礼ですが(笑)、バツイチは気になりませんよ。ねぇ、皆?」

女全員「うん!」

女性陣がフォローを入れると、男性陣も「いやいや、失礼だな!」とツッコミを入れつつ笑いに変えてくれたので、その場の空気は和んだ。

でも実際、36歳で独身って何か理由があると思いません?(そんな上から物を言える立場じゃないのは重々承知の上です)

30代後半にもなって独身だと、自分のライフスタイルへのこだわりが強すぎたり、女性に対しての理想が高かったり、遊びまくってて落ち着く気がないとか、いろいろと勘ぐっちゃうのよね。

だったらバツがついていても、一度は結婚という道を選んで覚悟を決めた男性のほうが、結果は残念だったかもしれないけれど将来を見据えて人生設計を立てられる人なんだなぁと評価してあげたい。それに、次は同じ失敗を繰り返さないように学びもあるわけだしね。(※ただし、離婚の理由が男側の浮気だった場合を除く)

女同士の会話は筒抜けって知ってるよね?

飲み会は1軒目でお開きとなり駅で解散し、翌日お決まりのLINEグループが作られた。
そのあとすぐにトレンディ君から個別でLINEが来た。

トレンディ君「昨日はありがとう。もう少しゆりかちゃんと話してみたいと思ったので、ふたりで今度会えませんか?」

まさか連絡が来るとは思っていなかったのでびっくりしたけれど、年上のモテ男からデートに誘ってもらえるなんて光栄だわ。そう思い今度食事に行く約束をした。
ちょうどそのとき、同じ飲み会に参加した友人C子と連絡を取り合っていたのでトレンディ君と食事に行くことを伝えた。するとC子から驚く発言が!

友人C子「昨日トレンディ君と帰る方向が同じだったから途中まで一緒に帰ったんだけど、今度食事に行こうよって言われて連絡先聞かれたんだよね。でも面倒だったから、『グループLINEが後で作られると思うので、そこで友達追加してください』って言って誤魔化したの」

と昨晩のトレンディ君とのやり取りを話してくれたのだ。

ゆりか「出たよ、そのパターン。結局誰でもいいんだろうね」

友人C子「いや、でもワタシはトレンディ君から今日連絡来てないし、きっと昨日のはノリっていうか社交辞令みたいなもんだったと思うけどなぁ」

C子はワタシに気を遣ってそう言ってくれたけれど、ワタシがもしトレンディ君の誘いを断っていたら他の友人に声を掛けていたかもしれないし、その時点でなんだかテンションが一気に下がった。

そもそも、自分の言ったことが女同士の会話で筒抜けになることを36歳にもなって知らないわけ!? この出来事で彼に対する信用性がなくなってしまった。

気分は探偵。SNSで身辺情報を収集する時代に

リアル婚活日記

(C)Farknot Architect/Shutterstock.com

そういえばトレンディ君のLINEで表示されている名前が漢字でフルネームだったことを思い出した。

ゆりか(心の声)(そうだ、SNSで検索すればトレンディ君に関して何か情報が得られるかもしれない!)

そう思ってすぐに行動に移し、Facebookやインスタで探してみることに。周りの友人たちからも、飲み会やナンパで知り合った異性をネットで探して身辺を調査しているという話をよく聞くので、SNSでの情報収集は今の時代では当たり前になりつつある。

しばらくトレンディ君を探してみたが、一向に見つからない。36歳という年齢だと、SNS自体やっていない可能性が高いのでもう諦めよう、そう思いつつも最後にネットで彼の名前をググってみた。

すると、ひとつの動画がヒットしたのである。5分ほどの動画を再生してみると、そこにはトレンディ君がテレビのインタビューを受けている様子が映っていた。内容はというと、とあるタレントさんの学生時代の同級生としてトレンディ君が出演していて、当時のエピソードを語っているものだった。すると、突然衝撃的な写真がナレーションとともに映し出されたのだ!!!

(ナレーション)「当時のエピソードを語ってくれたトレンディ君ですが、今では結婚して都内で奥様と暮らしているようです」

ゆりか「えぇぇぇぇぇ!?!?しかも嫁との2ショットwwwww」

奥さんと結婚式を挙げたときの2ショット写真が目に入ってきた。まさかこんな事実が出てくるなんて思わず、何の心の準備もできていないままだったから、思わずひとりで叫んでしまった。

・・・ナレーターの方がおっしゃっている通りなんでしょうね。しかも、奥さんがめちゃくちゃ美人で、モデル並みのルックスをしていた。

ゆりか(心の声)(さぁ、ここからこの動画をどうすることにしようかしら)

この動画が放送された日付を見てみると約3年前。ということは離婚してる可能性もあり得なくはないが、もしそうだとしたら飲み会の際にバツイチの話題になっているのだから、そこでトレンディ君もカミングアウトしているはず・・・。いろいろ考えたが、ここはもうストレートにトレンディ君にこの動画を見てしまったことを伝えることにした。さぁ、どんな反応が返ってくることやら。

次回ついに最終回!>突然動画を送りつけるヤバイ女「ゆりか」。そしてまさかの茶番が繰り広げられることに。

お楽しみに!

TEXT=一之瀬ゆりか

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

GINGER2021年2月号では、今の時代に知っておきたいエンタメ・ムーブメントを大特集。
表紙は、日本から世界を目指し、およそ6,000人が参加したサバイバルオーディション番組から誕生したJO1が登場。デビュー後の1年間を振り返りつつ、自分たちの未来について熱く語ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる