MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVING恋愛・婚活

2019.03.03

思わず「マジで!?」連発。アラサーのワンナイトラブ【リアル体験談】9選

酸いも甘いも経験してきたアラサー女性ならばワンナイトラブ、一夜だけカラダの関係を持ってしまった…という体験がある人も少なからずいることでしょう。それが良い思い出になる場合もあれば、時には苦い思い出、さらには笑い話になってしまうこともあったり、なかったり・・・。そんな経験を乗り越えてきたからこそたどり着いた教訓を持つ、彼女たちのリアルボイスを紹介します。
※この記事はGINGERサポーターアンケート(今回の調査対象は約600人)を軸に構成。名前・年齢はプライバシー保護のため仮名で入れております。

リアル体験談

(c)Dean Drobot/Shutterstock.com

ワンナイトラブの経験はある?

ワンナイトラブの経験はある?

約7割もの女性が、一夜だけ体の関係を持った経験があると回答。
もちろんその時点では、それが一夜で終わると思わずに一線を越えたという人もいるはずですが・・・。では、具体的に彼女たちがどのような一夜を過ごしたのかみていきましょう。

ケース①
「飲み屋で意気投合した同い年くらいの男性。その流れで、そのまま彼の家に行くことに。顔も好みだし、まぁいっかなと思って一夜を過ごしました。朝になって、シャワーを借りようと思って洗面所に行くと子供がひとりいて、腰が抜けるほどびっくり! 話を聞くと離婚してシングルファザーなのだそう。いやいや、子供が家にいるのに連れ込むなっての!」
T・Yさん(33歳)

教訓 : 相手の基本データを把握してから、先に進むべし。

ケース②
「友人の話なのですが、合コンで出会ってその日のうちに関係を持ち、その1回目で妊娠して結婚したそうです。友人はいつも遊び歩いているイメージだったので、まさかと驚きました! 本人はあっけらかんと『まぁ年貢の納め時ってやつかな(笑)』と笑っていましたが、お相手がエリートサラリーマンで玉の輿に乗ったので、そんな方法もアリなのかしら・・・と思ったりもします」
K・Oさん(29歳)

教訓 : ときとして、瞬発力も必要である。

ケース③
「相手は、同窓会で久しぶりに再会した高校時代のクラスメイトです。飲みすぎてしまい、地元のラブホテルに行ってしまったのですが。酔っていたこともあって悪ノリしてしまい、そこで3時間ずーっと行為をスマホ動画で撮られ続け、演技するのに疲れました(笑)。データはその場で消したのを確認したので、多分流出はされていないと思いたい・・・!」
R・Mさん(30歳)

教訓 : お酒の勢いと雰囲気に流されると、痛い目に遭う。

ケース④
「未遂ですが、マッチングアプリで出会った人とカラオケに行くことになり、個室ということもありキスを迫られました。いざキスしてみると、ものすごく下手だったので、これは期待できないと思い『コンドームがないから買ってきて』と部屋から追い出し、その間に帰ったことならあります」
H・Fさん(27歳)

教訓 : もう失敗は許されない齢だから、食わず嫌いはしてもよい。

ケース⑤
「以前は、国際結婚希望で(笑)、海外発のマッチングアプリで外国人男性との出会いを狙っていました。なかには一夜だけ関係を持ったけれど、それ以上の進展もなく・・・いうケースも何回かあって。でもあるとき、アプリで出会って意気投合した好みのメンズとホテルへ行こうと歩いていたら、別日に会った人と偶然遭遇して、男性同士のケンカが勃発・・・! これに懲りて、マッチングアプリは卒業しました」
E・Sさん(34歳)

教訓 : 出合いはひとつひとつ丁寧に。

ケース⑥
「友人に紹介してもらった男性と勢いでホテルへ。でも私が酔っ払いすぎてしまって、行為に至らないまま寝てしまったんです。しばらくして目が覚めると、相手のモノが目の前にあり、お酒臭くて寝起きの状態なのにしてほしいと迫られ、怖くなってお茶を買いに行くフリをして逃げました。軽率な行動を反省。本当に怖かった・・・」
C・Aさん(28歳)

教訓 : アルコールは人の判断を鈍らせる。

ケース⑦
「以前から気になっていた男性と念願のデート! ホテルに誘われ、初デートでOKしたら軽い女かな・・・と迷いましたが、こんなチャンスはないと思ってついて行ったんです。すると彼は、やたらと前戯が長くて、それはそれで丁寧な人だなと思ったのですが、なぜか一向にそれ以上進む気配がなくて。聞いたら『最後まですると気持ちが冷めるから、我慢してるけど気にしないで』と思いもしない回答が! でも結局その後、交際するには至らなかったので、半端ながらもやられ損でした」
R・Wさん(30歳)

教訓 : 上手い話には、やはり裏がある・・・。

ケース⑧
「私、超がつくほどのドMでして。飲み会で出会った男性がドSと自称していたので期待してベッドインしたら、お尻が真っ赤に腫れ上がるくらい叩かれ、翌日ヒリヒリとアザの痛みで座れる状態ではなく・・・。会社を休んでしまいました(泣)」
U・Kさん(27歳)

教訓 : 何事も過ぎたるは及ばざるがごとし・・・。

ケース⑨
「当時付き合っていた彼とケンカしてむしゃくしゃして、チャラ男で有名な友達に声をかけて、浮気をしました。そしたらチャラ男との体の相性がばっちりで! ひと晩で7回も致したのですが、性格だけはまったく合わず、ホテル代の精算で揉めて絶縁したことならあります(笑)」
L・Hさん(31歳)

教訓 : 完璧なオトコはいない。

いかがでしたか?
一夜をともにすることで明らかになる人間性、本音、あるいは知らなかった自分自身の新たなる一面・・・。男女の秘め事には、一筋縄ではいかないさまざまな出来事が待ち受けていて、悲喜こもごも。責任ある大人女性のひとりとして、品格を下げず、後悔しない行動を心掛けたいものですね。

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる