GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING趣味

2022.09.30

そうだ 京都の展覧会に、行こう。【水曜夜はアートの話を】

美術を面白おかしく、わかりやすく解説する“アートテラー”として活躍するとに~さんによる連載。今回は、秋の行楽と合わせて訪れたい、京都の展覧会をご紹介。

ウォーホル・キョウト会場 (4)

京都市京セラ美術館『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』展示風景

こんばんは。アートテラーのとに~です。先日、とある美術館でのトークイベントの終了後、帰路についていると、若い男性の方から「あの、とに~さんですよね? トークイベントに実は参加していました!」と声を掛けられました。なんでも、僕のPodcastや出演番組を聴いてくださっているとのこと。そして、おもむろにカバンから僕の著書を取り出し、「サインしてもらえませんか?」と言ってもらえました。アートテラーを長いことやっていますが、初めて芸能人みたいな経験をしました。ありがたや。おそらく、その男性と思われる方が、その日のTwitterで「とに~さんと同じバスだったので、お声掛けしてサインして頂いた! 家宝にします!」と呟いていました。僕は彼のこのツイートを家宝にします!

さて、すっかり秋めいてきましたね。秋になると、無性に京都に行きたくなるものです(僕だけですかね?)。寺社仏閣巡りや嵐山で紅葉狩りもいいですが、今年の京都は特に展覧会が熱い! いろいろオススメはありますが、今回はそのなかでもとりわけ見逃せない2つの展覧会を紹介いたします。

おいでやすウォーホル

京都市京セラ美術館外観
東京府美術館(現・東京都美術館)に次いで、日本で2番目に古い公立美術館、京都市美術館。2017年より大規模な改修工事が行われ、2020年に名前も新たに、京都市京セラ美術館としてリニューアルオープンしました。その秋に満を持して開催される予定だった展覧会が『アンディ・ウォーホル・キョウト』。コロナのせいで延期を余儀なくされてしまいましたが、今年2022年についに開幕をしました! 
ウォーホル・キョウト会場 (5)
出展作品は、約200点。ピッツバーグのアンディ・ウォーホル美術館より、ポップ・アートを代表する芸術家ウォーホルの珠玉の作品の数々が来日しています。しかも、そのうちの半数、100点近くが日本初公開。それらのなかには門外不出とされる《3つのマリリン》や、ウォーホル晩年の大作である約3×10mの《最後の晩餐》も含まれています。ウォーホル・キョウト会場
もちろんウォーホルの代表作ともいうべき、キャンベル・スープ缶や花をモチーフにした作品も出展されていますよ。また、展覧会では、ウォーホルと京都の意外な関係も紹介。1956年、当時アラサーだったウォーホルは人生初の海外旅行として、世界一周旅行をしています。その際に日本には2週間ほど滞在。もっとも多く過ごしたのが、京都だったのです。会場ではその旅行に関する資料の数々も展示。ウォーホルが京都で描いた貴重なスケッチも展示されていました。
ウォーホル・キョウト会場 (2)
ちなみに『アンディ・ウォーホル・キョウト』と展覧会名にあるだけに、この展覧会は国内を巡回しません! アンディ・ウォーホル先生の日本での最新個展が観れるのは、キョウトだけ。

『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』
会期/2022年9月17日(土)~2023年2月12日(日)
会場/京都市京セラ美術館(京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124)
https://www.andywarholkyoto.jp/

シン・日本美術展

細見美術館
京都市左京区岡崎にある細見美術館。琳派や伊藤若冲の絵画をはじめとする約1,000点にも及ぶ日本美術コレクションで知られる私立美術館です。

そんな細見美術館で今開催されているのが、『響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―』という展覧会。琳派や伊藤若冲の作品と、手塚治虫作品や初音ミク、リラックマといった日本が世界に誇るポップカルチャーの人気キャラクターたちが時代を超えたコラボレーションを果たす新感覚の日本美術展です。

響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―

リラックマ×磯馴松 ©2022 San-X Co., Ltd.All Rights Reserved.

響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―

初音ミク×鶏 Art by iXima © Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

ちなみに、これらの作品は、パソコン上でちゃちゃっと合成して作成されたものではありません。なんとすべて、友禅絵師として50年以上の経歴を誇る大ベテラン・平尾務さんの手によって、日本画の技法で描かれたものなのです。初音ミクやリラックマといったキャラクターもちろんのこと、組み合わせられている琳派や若冲の作品も手描きで再現されています。会場では、『シン・日本画』とも言うべきこれらの驚異的な作品と、元ネタとなった細見美術館コレクションの日本画を合わせて展示。古今の芸術家が奇跡の競演を果たしています。
響きあうジャパニーズアート会場 (2)
ちなみに、この展覧会は細見美術館よりも先に、2021年11月から2022年1月にかけてドイツのミュンヘン五大陸博物館で開催され、大好評を博したそう。全独が驚いた…と言っても過言ではない展覧会。こちらも国内巡回の予定は今のところ無いそうです。お見逃しなく!

『響きあうジャパニーズアート―琳派・若冲 × 鉄腕アトム・初音ミク・リラックマ―』
会期/2022年9月6日(火)〜12月4日(日)
会場/細見美術館(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3)
https://www.emuseum.or.jp/exhibition/ex078/index.html

アートテラー・とに〜の【水曜夜はアートの話を】をもっと読む。

TEXT=アートテラー・とに~

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する