MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2020.06.20

わずか15分で完成!お手頃食材で作れる簡単本格おつまみレシピ

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。今回ご紹介するのは、暑い日にぴったりのとっておき「おつまみ」2品です。材料は、大葉、ネギ、卵、ちくわの4つのみ。安価なわりに食べ応えがあり、簡単なのに一見手が込んでるように見えるという2重メリットも。2品ともに10〜15分程度で出来上がる時短料理です。忙しい皆さんにオススメですよ。では早速作っていきましょう!

大場とちくわ焼き

ネギ出汁卵

ねぎ

ネギをふんだんに使ったチヂミ風卵焼きを作っていきます。卵は出汁で溶いておきます。ネギは15〜20㎝ほどの長さに切ります。

ねぎをフライパンで焼く

ごま油を引いた卵焼き器にネギを並べて中火にかけます。ネギに火が通る前に素早く卵液を全体に流しかけます。底面が焼けてきたらひっくり返してもう一面も同じように焼きます。

*卵焼き器を使うことで長方形に仕上がり、ネギと卵の色合いが美しくなります。

ネギ出汁卵あみ

縦半分にカットしたら、少しずらすように盛りつけます。ポン酢、ラー油、はちみつをよく混ぜたタレをかけ、白ゴマと糸唐辛子をトッピングしたら出来上がりです。(辛いのが苦手な方は、糸唐辛子を省いてください。それから上のタレに少しマヨネーズを加えるとマイルドになるのでお試しくださいね)

大葉とちくわの旨々焼き

大葉とちくわを焼く

ちくわは縦に4等分します。1本ずつに大葉1枚を巻きつけて少量の油を引いた卵焼き器に並べます。弱火〜中火にかけて両面丁寧に焼いていきます。

焼き目がつく

焼き始めて火が回ると、ちくわにぴたっと大葉が張りついていきます。ちくわに焼き色がつくと香ばしくて美味くなるので、それまでゆっくりじっくり焼いてくださいね。味付けは、醤油・砂糖・酒・みりんを混ぜたものを刷毛で薄く塗っています。(めんつゆを塗っていただいても美味しく仕上がります)

大葉とちくわの旨々焼き

出来上がったちくわを取り出したら半分にカットして、ちくわと大葉の色が交互になるよう串に刺したら出来上がりです。お好みで、白ごまや一味唐辛子を振りかけてください。一番上の見出し写真は、カットしていないちくわを3段に盛りつけています。

本日の簡単おつまみ2品いかがでしたか。覚えておくと大変便利なメニューです。ぜひお試しくださいね!

PHOTO=坂本ちなみ

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる