MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVING

2020.03.16

ひき肉とレタスがあれば、簡単に美味しい夜ごはん!

忙しい毎日だからこそ、“食べること”を大事にして体調を元気にキープしたいもの。料理家 田中美奈子さんの連載「野菜が際立つ簡単ごはん」。今回は、ひき肉とレタスが主役の一品。今夜にでも、ぜひお試しあれ!

旨味たっぷり!肉味噌のレタス包み

田中美奈子
お疲れモードな日は、少し味が濃いめのものを体が欲しがちです。でも夜遅い時間に重たいものを食べると、翌日の胃もたれにつながるので避けたいもの。そこで、冷蔵庫の常備素材ともいえるひき肉に、味噌の旨味で美味しさをプラス。レタスでヘルシーにいただく夜ごはんをご提案します。

●材料 (作りやすい分量)
田中美奈子
豚ひき肉 100g
鶏ひき肉 100g
ピーマン 1袋
長ネギ 1/2本

にんにく、生姜 各ひとかけ

甜麺醤 大さじ3
鶏ガラ顆粒 小さじ1/2
ごま油 大さじ1

●作り方[所要時間10分]
1. にんにく、生姜、長ネギをみじん切り、ピーマンをさいの目に切る。レタスは大きめにちぎり、流水に浸しておく。
田中美奈子

2. フライパンにごま油を入れ、1を香りが出るまで炒め、ピーマン、鶏ガラ顆粒を加え、ピーマンに食感が残る程度に炒め、一度取り出す。
田中美奈子

3.フライパンにひき肉を入れ、半分火が通ったら2をフライパンに戻して、味噌を加えて炒め合わせる。
田中美奈子
ひき肉を炒めるときは豚肉から油が出るので、油なしで炒めてOK。 豚ひき肉と鶏ひき肉を合わせることで油っぽくなく仕上がります。

出来上がり!
田中美奈子
レタスの水はしっかりきってから、好みの量の肉味噌を包んでいただきます。
田中美奈子
炭水化物がわりに、シャキシャキした食感のレタスを。舌も胃も大満足!

さらに・・・

翌日は、余った細かい部分のレタスを細切りにしてご飯の上にのせ、タコライス風にしてみてはいかがでしょう。目玉焼きをのせるのもオススメです。
田中美奈子

肉味噌は多めに作って、お弁当に活用したり、まぜご飯やおにぎりの具にも◎。いろいろなアレンジを楽しんでください。

TEXT=田中美奈子

PHOTO=田中美奈子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる