自宅での素顔も公開!THE RAMPAGEがもっと好きになる!【後編】

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの11枚目のシングル「INVISIBLE LOVE」がリリース! MVの裏話や楽曲への想い、そしてメンバーのおうち時間の過ごし方を一問一答で伺いました。

今回は、ボーカリストの川村壱馬さん、パフォーマーの陣さん、与那嶺瑠唯さん、長谷川慎さん、鈴木昂秀さんの5名がオンライン取材で登場。自宅でリラックスしながらの、大盛り上がりなインタビューとなりました!

Q.1 「INVISIBLE LOVE」を初めて聴いたときの印象は?

陣さん
「今回初めて、念願の小竹正人さんに歌詞を手がけていただきました! 詞を初めて拝見したとき、主人公が感情におぼれて葛藤しているサマが、小竹さんならでの言葉の力ですごくリアルに表現されていると感じました。恋愛も含めて人それぞれ悩みは絶対ありますし、考えて答えを導き出すのは結局自分なので、そういう意味では皆同じような葛藤ってあるんだろうな、と感じた一曲です」

与那嶺瑠唯さん
「最初に聴いたとき、サビの部分がとても聴きやすくて、覚えやすいメロディーという印象でした。一度聴いただけですぐ口ずさめるような。歌詞の解釈としては、タイトルにもあるように”見えない愛”がテーマということで、その愛に壊されていく主人公のストーリーを見ているような感覚になりました」

川村壱馬さん
「おこがましいかもしれないですが、初めて聴いたときはEXILEさんの『Ti Amo』のような印象を受けました。初バラードということで、名曲『Ti Amo』のようにRAMPAGEの代表曲になればという想いがあります。最初は冷静な主人公が、愛が大きくなっていくにつれ狂気じみた想いがあふれ、壊れていくんです。MVでの表情だったり歌だったり、僕たちなりの表現で伝わればいいなと思って取り組みました」

長谷川慎さん
「僕としては正直、最初はあまりしっくりきてなかったんです。でも聴き込んでいくうちに、どんどんハマっていった印象があります。イントロから今まで聴いたことのないような、すごいドロドロした感情を表現した音楽が流れて、聴いていくうちにどんどん好きになっていきました。これが表題曲になってよかったなって思えるぐらい、中毒性のある楽曲です。歌詞に関しては、いつか小竹さんに歌詞を書いていただきたいという想いが全員あったので、今回手がけていただいて本当にうれしかったです!」

鈴木昂秀さん
「RAMPAGEとして、こんなしっとりした楽曲が初めてだったので、まこっちゃん(長谷川慎)と同じで、最初違和感はありました。でも聴いていくうちにクセになっていく。実は過去に本当にイヤな恋愛の経験をしたことがあって(笑)、この曲がすごいグサッと刺さりました。 踊ってるときも感情が入りますし、歌詞を見ると『はぁ・・・』って共感すること多いです。なので、すごく大好きな楽曲のひとつになりました」

Q.2 メンバーの意外な一面を教えてください!

陣さん
「瑠唯はメンバーイチ、フットワークが軽いですね。僕の勝手なイメージなんですけど、沖縄の人ってマイペースな人が多いって思ってました(笑)。でも瑠唯は、今まで食事とか外出とかに誘って一度も断られたことがないくらい、フットワークが軽い!」

与那嶺瑠唯さん
「まこっちゃんはすごくキレイ好き。でも、ちょっとしたところで意外と雑な面も(笑)。このバランスが意外&魅力だなぁって思います」

川村壱馬さん
「陣さんがですね、どうやら年下のメンバーと食事に行くと、そのお会計のときは必ず『ええよ、ええよ。自分出すから』ってそういう感じらしくて(笑)。僕は今まで陣さんとごはんに行ってもそういうこと言われた経験がなかったので」
(横から、陣さん)
「壱馬とは家飲みが多いから! だから差し入れで戦おうかなって思ってるんだよ(笑)」

長谷川慎さん
「陣さんは“RAMPAGEのお母さん”って言われてるんですよ。お母さんといえば、何でも話聞いてくれて優しいイメージ。でも陣さんは集中力がないのか(笑)、リハが始まって5分後くらいにはふざけてたり。しっかり者のお母さんってよりも、お調子者のムードメーカーなんですよね」

鈴木昂秀さん
「壱馬さんって実はこう見えて大食いなんです。お寿司に行くと、ひとりで40皿食べちゃう人で(笑)。積み上がった皿の量を見たときは、ギャグかと思いました」
(横から、川村さん)
「大食いは本当です。中学生のときは、ひとりで米4合とか食べてました(笑)」

Q.3  「これは自分が一番だ」ということは何?

陣さん
「最近いろんなところで言わせてもらっているんですが、雑学にハマっていて。雑学の量はメンバー内で負けないんじゃないかなって。芸能界イチを目指すという僕の野望があります(笑)。ひとつ発表するので、何かお題をください!」

編集部「では、海藻でお願いします」

陣さん
「海藻ですね。こんにゃくって黒い粒々があるじゃないですか。もともとは原料であるこんにゃく芋の皮が入って粒々ができていたんです。今は皮なしでも作れるのですが、でも粒々がないとこんにゃくらしくないので、海藻をいれて粒々をあえて出しているそうです。以上、陣のフリースタイル雑学でした!」

与那嶺瑠唯さん
「僕の一番は、フライドポテト愛です。細いタイプが好きですね。以前番組で『ジャンクフードを1年間食べない』という企画があったのですが、そのときはつらかったなー。『フライドポテトのお風呂につかって好きなだけ食べたい』って思ってました」

川村壱馬さん
「モノで言ったら本と漫画の量はたぶん僕が一番です。書斎があるんですけど、そこに本と漫画あわせて1000冊以上あります。家に来た友達からは『漫喫じゃん!』って言われるくらいあります」

長谷川慎さん
「僕は洋服の量ですかね。クローゼットに入りきらず、リビングの天井に突っ張り棒をして、そこにも服を掛けているくらい。今日も服が3つぐらい届きました。並べ方のこだわりとしては、ここは勝負着、ラフ着、ちょっとお高いゾーン・・・みたいな(笑) 」

鈴木昂秀さん
「メンバーのなかだと、僕が一番アニメを観てると思います。2020年に入ってから、新作アニメが12本出てるんです。それも全部観て、コンプリートしようと思っています!」

Q.4 最後にリーダーの陣さん、THE RAMPAGEの強みを教えてください!

陣さん
「全員裏表がないところだと思います。皆さんが見ている僕らは、普段とまったく変わらず、包み隠さずに自分を出していて。もちろんRAMPAGEというグループの一員として、ステージなどではアーティストとしての自分スイッチは入れているけど、中身は本当に一緒というか。そのアーティスト像のなかに人間らしさが出ているのは、僕らの強みです。それぞれの絆も深まりますし、お互いの弱点を補ったり言い合えたりする関係ができているんだと思います」

メンバー5人のおうち時間を公開!

パフォーマー 陣


「ハマっている雑学本とのショット。まだまだたくさんあります! おうち時間は読書タイムです」


パフォーマー 与那嶺瑠唯


「3時間かけてBOOK BOXをDIY! そして漫画の全巻セットも3つくらい買いました(笑)。これからも増えると思うので楽しみです。ちなみにこの収納BOXはスライド式で、後ろにもまだまだ入ります!」


ボーカル 川村壱馬


「大好きなゲーム作品のリメイク版の発売記念グッズたち。さまざまな種類があるコレクションを制覇しました!」


パフォーマー 長谷川慎


 「最近集め出してすべて制覇したレアなフィギュアです」


パフォーマー 鈴木昂秀さん


「おうち時間はずっとゲームしております(笑)。この期間にめちゃくちゃ強くなれるように頑張ります」  


NEWシングル「INVISIBLE LOVE」発売中!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの2020年第2弾シングルは、デビュー以来11作⽬にして初めてバラード楽曲を表題に据えた注目の楽曲!  カップリングには透明感たっぷりの壮大なバラード「INTO THE LIGHT」を収録。  

  「INVISIBLE LOVE」(+DVD)¥2,000  エイベックス  


  「INVISIBLE LOVE」¥1,200  エイベックス  

※プライスはすべて税抜です。 

●Profile
2014年開催の「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」、ボーカリストへの夢を持つ若者が集った「VOCAL BATTLE AUDITION 4」、世界の舞台での活躍を目指す若き精鋭が参加した「GLOBAL JAPAN CHALLENGE」、これら3つのオーディションを通じて選ばれた若き才能が集う16人組のダンス&ボーカルグループ。 「RAMPAGE=暴れ回る」と名付けられたこのグループは、その名のごとくステージを踊り暴れるHIP HOPテイストのパフォーマンスが魅力のひとつ。  

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る