夏の終わりに食べたい!簡単とうもろこしレシピ3選

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。9月に入ると何だかカラフルな夏野菜が名残惜しくなってきましたね。夏の間ご近所で見かけた背丈の高いとうもろこし畑も見通しが良くなり秋の気配を感じさせています。

そこで、2020年に作ったとうもろこし料理の中から、まだお伝えできていなかった”夏を惜しむとっておき3品”をお届けします。

とうもろこしの冷やしうどん

うどんと絡めていただく夏野菜の味わいは、得も言われぬ美味しさです。すだちを絞るとお出汁がシュッと引き締まります。

*具材は、甘辛く蒸し焼きにした万願寺とうがらし、きゅうりのみじん切りとろろ、きゅうりの浅漬け、茹でたとうもろこし
*お出汁をかけていただきます。柚子胡椒などお好みでどうぞ。
*今回は茹でたての甘さを生かしてトッピングしましたが、醤油焼きとうもろこしをほぐしてトッピングしても香ばしくてとっても美味しいです。

カリカリ豚肉のとうもろこしドレッシング

こちら一見大胆な組み合わせのようですが、味は繊細、組み合わせの加減をじっくり楽しみたくなるサラダ料理です。ドレッシングには、山芋とろろ、茹でトウモロコシ、わさび、炒り白胡麻を混ぜたものをかけています。

*山芋とろろ(作りやすい分量)
山芋500g、卵1個、だし汁100g、麺つゆ大さじ2、塩ひとつまみ
*豚肉は3センチほどにカットして、ガーリックオイルを引いたフライパンでカリカリに焼きます。あとはベビーリーフとドレッシングで和えるだけ。簡単すぎてびっくりですが、リピート間違いなしの深みのある一皿です。

とうもろこしとハーブのフーガス

強力粉と薄力粉を同量にして作ったサクサクッとお菓子のようなフーガスです。トウモロコシは練り込まず、ハーブとともに表面に散らばせて焼き目をつけています。
焼き上がり直前に一旦取り出し、砂糖醤油を満遍なく塗り、岩塩をふりかけて2分ほどオーブンに戻します。香ばしくて目を丸くするほどの美味しさです。

とうもろこしを使った3選、いかがでしたか。
秋になる前に、もう一度夏を振り返りながらぜひこちらのオススメ料理を作ってみてくださいね!

写真・文/坂本ちなみ

坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。著書『野菜のごちそう弁当』も人気。インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る