男性に聞きました「これが足りない女は、本命から外します」~大人の恋愛作法③

仕事がらみで、適齢期男子(およそ27~35歳の独身男性)の話を聞き取る機会が多いのですが、男ってヤツは困りもの・・・的な身勝手要素も多々あれど、女性にとって耳の痛い指摘もいろいろあったりで。

今回は、そんなリサーチのなかで、複数の男性から訴えられた「女性のこういう変貌ぶりに冷めた」的なNGをご紹介。身に覚えのある方、大至急改めましょう。

世にも恐ろしい"慣れ"から起こる不感症

Licensed by Getty Images

付き合う前まで、そして付き合い始めて間もない時期は、相手から想いを寄せられたことや、好きな相手に想いが通じたことを"奇跡”のように感じて、神様に感謝するような気持ちになったことも・・・あったはず。

がしかし、時とともにその感動は消え、感謝の気持ちは薄れていく・・・という現状。そんなあなたの様子を、彼はしっかりと見ています。

男性側から報告された、彼女に対して失望したこととは・・・。

《ケース1》
「付き合い始めて2ヵ月ぐらいの頃、彼女の誕生日に花束を贈ったことがあって。感激した彼女が泣いてしまったんですよ。あれから2年ほど経ちましたが、今年の誕生日にも花を手渡したら、『え!? 花束なの~?』と不満げな表情で言われてしまい・・・。実は指輪も用意していましたが、この日は渡すのをやめてしまいました。
本当は流れによってはプロポーズするのもアリかな・・・と思っていましたが、もう少し冷静に考えようという気持ちになりましたね」(外資系ホテル勤務・30歳男性)

交際期間が長くなることと比例して、相手がしてくれることへの感動値が下がっていく——のは致し方ないところ。でも、それを当たり前と思ってはダメ。まず最初に相手に感謝する気持ちを伝えることは、大人のマナーともいえるでしょう。何はともあれ、「ありがとう」をお忘れずに。

Licensed by Getty Images

《ケース2》
「以前付き合っていた彼女の話ですが。平日の夕方に彼女から“今日はめちゃくちゃ疲れたから、美味しいもの食べて元気になりたい”というメールがきたので、仕事帰りに待ち合わせして食事をしまして。愚痴を聞き、励まし、食事もおごって。疲れているから仕方ないけれど、彼女がずっとテンション低めだったから話も弾まず。それでも、楽しませようとボクばっかりが気を遣って。
で、別れ際に、『ごちそうさま』のひと言もなく、『じゃあね』ぐらいで、一度も振り返ることなく立ち去って行く後ろ姿を見送りながら、この人との結婚はないな、と。
こっちも会う時間をつくるために、いろいろ調整しているわけで。疲れているのはお互い様。自分を中心にしか考えられない人と一緒に暮らすって、誰だって嫌でしょ」(総合商社勤務・33歳男性)

今日は私のために時間をつくってくれて、愚痴を聞いてくれて、ご馳走してくれて、気分転換させてくれて・・・と、確かに彼の行為には感謝のしどころ満載。それを当然のようにやらせたり、受け止めたりでは、いい関係は築けません。自分都合で甘えたときは特に、感謝を言葉と態度で示さなくてはいけません。

Licensed by Getty Images

《ケース3》
「このまま付き合いが続いたら結婚かな、という彼女がいたのですが、こちらから別れを告げました。理由は、いわゆる“価値観の違い”かな。
彼女の職場が、オレの住んでいるマンションのほうが近いということもあり、残業とか飲み会で遅くなったときとか泊まりに来てもいいよ、とは言ってあったんです。最初はもちろん遠慮がちだったし、泊まらせてもらっているという態度だったのに、慣れてくると、ここはオマエの家か?という図々しさが随所に出てきた。
それは些細(ささい)なことの積み重ねなんですけど、たとえば、冷蔵庫の中のものを飲み食いしても、まったく補充する様子がなかったり。オレが自宅に仕事を持ち帰ってデスクに向かっているときも、『先に寝させてもらうね』的な言葉もなく、オレのベッドでグーグー寝はじまったり。
結婚したらどうなっちゃうんだろう、と恐ろしくなった(笑)。最低限の気遣いができなくなったら、終わりですよ」(会計事務所勤務・29歳男性)

付き合っている・・・という関係性に甘えすぎて、人としてのマナーを忘れてしまったケース。彼は家族ではなく、あくまでも他人。礼儀を忘れた行いには、厳しいジャッジがくだされる危険があることを、肝に銘じましょう。

たとえ彼から乞われて始まったお付き合いだったとしても、気遣い、遠慮、謙遜、感謝の気持ち・・・の表現が足りなかったり、無くしてしまったら、本命というポジションから外されてしまうかもしれません。
一緒にいる時間が長くなるにつれ、彼の好意についつい不感症になってしまう気の緩(ゆる)みを、グッと引き締めるべし。
彼を失ってからその“有難み”に気付いても、後の祭り。「ありがとう」「うれしい」は惜しみなく。大げさなぐらいで、ちょうどいいかもしれません。

文/こだいらこゆき


⇩シリーズ「大人の恋愛作法」ほかの記事もチェック!

男性に聞きました「これ忘れたら、女はおしまい」~大人の恋愛作法①

男性に聞きました「これを忘れた女には、興味を失う」~大人の恋愛作法➁

こだいらこゆき/ファッション&ライフスタイルウォッチャー
ナビゲーター
こだいらこゆき/ファッション&ライフスタイルウォッチャー
ファッションウォッチャーにして、セレブリティウォッチャー。あらゆるSNSをチェックして、女子の生き方や振る舞い、ライフスタイルのトレンドを分析するのが好きな、アラフォーのチーフ「こだいら」とアラサーのアシスタント「こゆき」のコンビ。
このナビゲーターの記事を見る