リピ確定! 手作りスタバ風 パンプキン・スパイス・ラテ【レシピ】

暑さが一段落し始め、過ごしやすくなったと思ったら、いつの間にかすっかり秋ですね。食欲の秋とも言われるように、1年の中でも最も過ごしやすい時期ですが、皆さんはどんな食べ物で秋を感じますか?

美味しいものがいろいろと出回る中、個人的にはここ数年、スタバのパンプキン・スパイス・ラテを見て、秋の到来を感じます。子供の頃は苦手だった甘いスパイスの香りに誘われ、ついこの時期一度は買ってしまいます。そしてなんと、自宅で作ってしまうこともあります。
皆さんものんびりとした秋の週末、おやつやデザートの代わりに作って飲んでみませんか? 市販のものとはまた違った、自然の味が癖になる味です。ぜひお試しください。

パンプキン・スパイス・ラテの作り方 

市販のものと違い人工的なカボチャの香りが入っていないので、ちょっと物足りないかもしれませんが、その分スパイスやバニラエッセンスでしっかり味付けしましょう。

無糖というより砂糖やホイップクリームをたっぷり加えて、デザート感覚で楽しんで下さい。またコーヒーなしで、パプキン・ホットミルクとしても楽しめます。

●材料:たっぷり1杯分
・牛乳 180ml
・カボチャの裏ごし(レシピ下記) 
 or 市販冷凍カボチャピューレ、小さじ2杯
・ブラウンシュガー or 砂糖 大さじ1.5杯
・バニラエッセンス 数的
・パンプキンパイ・スパイス(レシピ下記)
 or シナモンパウダー、小さじ1/4杯
・エスプレッソ or 濃いコーヒー 30ml
・ホイップクリーム

●作り方
1
鍋に牛乳を入れて温まったら、カボチャの裏ごしからスパイスまでを入れ、カボチャと砂糖がよく混ざるまで泡立て器で混ぜる。

2 沸かしたてのコーヒーに1を注ぎ、ホイップクリームとパンプキンスパイスをのせる。
パンプキンやスパイスが下に沈むので、スプーンを添えてサーブする。

カボチャの裏ごし(好みの量で)一口大に切ったかぼちゃを耐熱器に入れラップをし、600W〜500Wの電子レンジで火が通るまで5〜6分加熱する。
粗熱が取れたら(でもまだ熱い内に)、皮をむき、裏ごし器を使ってこす。冷凍可。

パンプキンパイ・スパイス(作り安い分量)シナモン大さじ2杯、ジンジャーパウダー大さじ1杯、ナツメグ少々を混ぜ合わせる。

文・写真/ブライデン陽子


ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchen を立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、 料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る