甘みたっぷりの春夏人参で作る、季節を感じる贅沢おかず

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。今回は、秋にタネ蒔きをして冬を越し、春から夏に向けて収穫する今がまさに旬の「春夏人参メニュー」をお届けします。この時季に収穫される人参は、水分を多く含み、柔らかくて瑞々しく甘いのが特徴です。


ご紹介する人参メニューはすべて千切りにしたものを使っています。私は普段から人参3本分くらいの千切りを小分け保存しています。お味噌汁や炒め物などにポンポンと入れ込むと、栄養も彩りも格段に増すので人参の千切り保存はオススメです。

人参とパン耳のピリ辛サラダ

こちらはサンドイッチを作った際、食パンのミミを切り落とした際に思いついたサラダです。千切りにした春夏人参の甘さと歯ごたえが食欲をそそります。また、カリカリに焼いたパンの香ばしさと香菜の風味が加わり、サラダとはいえ贅沢な一品に。

〈材料〉 

人参の千切り、半分に切って焼いた芽キャベツ、3cmほどに切った香菜、 焼いた食パンの耳、糸唐辛子、デュカ

〈調味液〉

オリーブオイル、醤油、はちみつ、酢、塩、粒胡椒、レモン汁

春夏人参のロールカツ

千切り人参を薄切り豚肉で巻いたら塩胡椒をして、片栗粉→卵→パン粉の順につけ170度の油でこんがり揚げるだけ。簡単なのにとっても美味しいメニューです。もちろんお弁当にも重宝します。

人参たっぷり白和え

いつも作っている白和えの木綿豆腐と人参の分量を入れ替えてみました。こちらに使った千切り人参は、下茹でしたあとしっかり絞って水切りしています。また、木綿豆腐も水っぽくならないよう十分水切りをします。

ボウルに、手でほぐした豆腐と人参、かいわれ大根(または茹でて絞ったほうれん草)を入れ、白だし、砂糖、すりゴマで調味すれば出来上がりです。

人参のネムザン風

こちらは、ごま油、みじん切り生姜、オイスターソース、塩胡椒などで味付けした千切り人参をライスペーパーで巻いたあと170度の油でカリッと揚げたベトナム風の春巻きです。現地では豚ひき肉、キクラゲ、もやしなどを入れて作りますが、今回は人参のみ。おつまみ感覚でいただけます。ビールにも合いますよ。 (タレは、マクナム・酢・砂糖を混ぜたもの)

甘さと柔らかさを生かした千切り春夏人参メニューいかがでしたか。どれもこれも暑い日にぴったり、ぜひお試しくださいね!

写真・文/坂本ちなみ

坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。著書『野菜のごちそう弁当』も人気。インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る