時短&洗い物ストレス解消にも!卵焼き器1つで作る簡単アレンジおかず

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。今回ご紹介するのは、思いがけず発見した卵焼き器の使い方5選です。軽くて便利なはずなのに、卵焼き以外の目的で使うことはほとんどありませんよね。これではもったいない!ということで、普段からどんどん活用したくなる簡単メニューをお届けします。

1.薄揚げのチーズ焼き

長方形の薄揚げを2枚準備します。油抜きしたあと水気を拭き取り2cm幅にカット。中火で両面カリッと焼いたらとろけるチーズをトッピングします。アルミホイルをかぶせてチーズがとけるのを待ちます(黒ゴマはお好みで)。 食べる前に、醤油・ラー油をひとまわしするとクセになるサイドメニューの出来上がりです。

2.フレンチトースト

賞味期限が近くなり食べ頃を逃した食パンの救世主、フレンチトースト。牛乳、卵、砂糖(あればバニラビーンズ)を混ぜて作った卵液に浸しておいた食パンを三角形に2等分します。弱火にかけたフライパンにバターをひき、浸したパンを両面ふんわりキツネ色に焼いたら出来上がりです。食パン1枚がご馳走に大変身! パン耳のカットはお好みでどうぞ。

3.照り焼き大根

底面の火の通りを均一にする卵焼き器の特徴を活かして作った大根のおかずです。柔らかくなった大根の歯ごたえと、絡まった照り焼きだれが驚きの美味しさに。ムラなく全面にきれいな焼き色がつくので、田楽などにもオススメです。

〈からし照り味噌だれでさらに美味しく〉

盛り付け皿の右端に添えているのは、照り焼きだれと味噌を混ぜて作ったもの。からしを盛った上にたれをかけています。大根だけでも美味しいのですが、こちらのからし照り味噌だれをつけるとお酒の肴にぴったりな一品に。

4.ししゃも焼き

ぜひお試しいただきたいのが卵焼き器の大きさにぴったりはまる、ししゃも焼き。中火で熱したフライパンに油をひき、ししゃもを並べます。酒少々をまわしかけ2分だけアルミホイルをかぶせます。あとは両面じっくり焼く、たったこれだけでふっくらしたししゃも焼きの出来上がりです。

5.焼きちくわ

ちくわ3本を半分にカットして、格子になるよう串に刺します。卵焼き器に並べたら中火にかけます。サッと炙るように焼き、両面にうっすらと焦げ目がついたら出来上がりです。ゆず味噌や、からし味噌などお好みでどうぞ。

5.豆腐ステーキ

毎日でも食べたい木綿豆腐は、卵焼き器で焼くと四方から熱がこもりやすくふっくらと焼き上がります。外側は香ばしくカリッと、内側はふんわり、ただただ並べて焼くだけですが、とても美味しい豆腐の食べ方だと思います。両面焼き色がついたら、ステーキだれを絡めて出来上がりです。

中華スープに入れたり、あんかけにしたり、アレンジもお楽しみくださいね。

卵焼き器を使ったお手軽料理5選はいかがでしたか。卵焼きのみならずいろいろな料理に使えるので、普段から出番の頻度をあげてお楽しみください!

写真・文/坂本ちなみ

坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る