仕事はラクに、年収はアップ!転職に成功した30歳/独身女性のマネー事情

毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。今回登場していただいたのは、看護師として働く水田麻美さん(仮名/30歳・独身)。「2度の転職で、業務内容と 収入のバランスを改善しました!」という彼女の家計簿とお財布の中身を、さっそくチェックしていきましょう! 

年収と、現在の貯蓄額を教えてください!

年収は570万円です。最初は看護師として大学病院に就職したのですが激務すぎて、4年目に夜勤のない病院に転職。その際、収入が600万→400万円に減りました。そして最近また別の病院に移ったところ、ほぼ定時勤務で年収は570万円に。いい転職ができました。

貯蓄額は、150万円ほど。最初の職場で財形貯蓄をやっていたので、退職金と合わせてまとまった額の貯金ができました。それからも少しずつ貯めていましたのですが、最近は引っ越し等で50万円ほど減りました」

家計簿を見せてください!

「貯金願望があまりなく、今目の前にあることにしっかりお金を使いたいタイプ」と話す水田さん。最低限の貯金はしつつも、趣味や娯楽への支出も多めです。

「この取材を機に振り返ってみて、けっこう使っているなと実感。特に電子書籍は、これまで購入した数が300冊を超えているのに気付いてゾッとしました(笑)。自分への投資にはなると思うのですが」

とはいえ、ファイナンシャルプランナーに相談し、確定拠出年金や、積み立て型の保険に加入するなど、お金に対する意識は高いのでは?

「以前、なんとなく将来が不安になったので始めたんです。でも、これだけでは全然足りないような・・・同年代でももっと貯金している人がいるので、私も見習いたいです」

お財布の中身を見せてください!

そんな水田さんのお財布の中身は、かなりすっきりと整理されていました。クレジットカードは1枚に絞り、ポイントカードもあまり使わないものは別のケースに入れるなど・・・カード類を溜めがちな人は、見習いたいところ。

「コンビニでお釣りをもらうとき、お札がくしゃくしゃだったりするとすごく嫌。だから、できるだけキャッシュレスで決済しています」

お財布のなかをできるだけキレイに保ちたい・・・それはある意味、お金を大切に扱っている証拠。水田さんの財布は、お金に好かれる財布、とも言えそうです。

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る