そのデニム、古くない?いつもコーデが変わる、最新デニムの選び方~おしゃれプロの新提案

読者から絶大な人気を集めるスタイリストNIMUさんが、今すぐに真似できる夏コーデを徹底解説。いつもの服にプラス1するだけで叶う、簡単テクニックは必見! これさえ知っていれば明日からのあなたのファッションが変わります。

この記事では、今どきデニムのセレクトについてご紹介します。

「普通のデニムはもう卒業。ひとクセデザインで勝負!」

「デニム=定番」なんて考えはもうナンセンス。ちょっとアレンジの効いた新顔デニムで、一気におしゃれレベルを引き上げましょう!(NIMUさん)

旬デニムと言えば裾スリット。脚長&美脚効果がスゴイ!

ヒザ下が驚くほど長く見えるセンタースリットは、多くのブランドから登場しているので、早めに手に入れたい一本。ふくらはぎをカバーして、細見えをアシストしてくれる詐欺っぷりも最高!

ジャケット¥45,000/ロペ エターナル(ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店) トップス¥1,900、バッグ¥3,900/ともにセンスオブプレイス(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチキュープラザ原宿店) デニムパンツ¥8,000/マウジー(バロックジャパンリミテッド) ブーツ¥14,000/スナイデル

考えずに着る、それだけでOK! 秘密はデザインにあり

デニムのオーバーオールは数あれど、ワイドラインにアレンジされたオールインワンは新鮮。楽ちんを極めたような、ゆったりワイドシルエットが今っぽさを加速させるので、一枚で十分サマになるのです。

デニムオールインワン¥39,000/サードマガジン キャスケット¥2,900/センスオブ プレイス(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店) バッグ¥12,000/フォート(ハルミ ショールーム) ブーツ¥40,000/ファビオ ルスコーニ(ハイブリッジインターナショナル)

はくだけで可愛い極太ラインは、あえてボーイズライクに仕上げて

メンズ要素の強いワイドデニムには、つい女っぽさを足しがち。でも、コンサバ見えする危険もあるので、ここは超シンプルに白Tを合わせてデニムの存在感を引き立てるのが正解。このカジュアルな王道さが今新鮮に感じるはず。

Tシャツ¥5,800/スウィート スケートボード(k3 オフィス) デニムパンツ¥24,000/ティッカ ネックレス¥20,000/サンタンジェロ(ジャーナルスタンダード 表参道) バッグ¥8,150/ミラ オーウェン スニーカー¥25,000/デイト(ウィム ガゼット ルミネ新宿店)


今の時代、THE定番のデニムは“選び”が最大の鍵。技ありデニムにチェンジして、ワンランク上のおしゃれを楽しんで!


撮影/齋藤弦(ACUSYU)
スタイリング/NIMU(まきうらオフィス)
ヘア&メイク/髙取篤史(SPEC)
モデル/川口春奈
撮影協力/GLITCH COFFEE&ROASTERS

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る