一生モノを見極める!永遠に愛せるトラッドな名品たち【スタイリスト宮澤敬子さんに聞く】

5年後、10年後——その先の未来のために、今私たちは何を買うのが正解なのでしょうか?

この記事では、私たちの頼れるおしゃれの先輩であり、人気スタイリストの宮澤敬子さんに、これからの私たちに必要なアイテムをナビゲートしていただきます。

流行は変わっても魅力は変わらない!

「名品とは、『これが私です』と言える自分の代名詞のようなもの」と話す宮澤敬子さん。宮澤さんが考える、アラサー世代が今手に入れておくべきアイテムとは・・・?

「私の場合は幼少のころ、母が着せてくれていたのがトラッドなものが多く、間違いなくその影響を受けているのですが、もしかしてGINGER読者の皆さんの名品もおしゃれのルーツにヒントがあるかも。そのときどきのトレンドにMIXしてもサマになるし、年齢を重ねるほどになじんでもくれます。
プレッピーなローファーに、品のいい紺ブレ――。いわゆるトラッドと形容されるアイテムたちは、伝統はあれど古くならない究極のベーシック=名品と言えるのではないでしょうか」

ベーシックなブラックローファーは、おばあちゃんになっても履きこなしていたいアイテム! 靴(2.5㎝)¥100,000/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)

デニムにも、ワンピースにも。さまざまなアイテムと相性抜群で品良く決まる、ユニフォーム的存在に。ジャケット¥203,000/ラルフ ローレン コレクション(ラルフ ローレン)

ちょうどGINGER世代ぐらいからどんどん似合ってくるのがパールのネックレス。カジュアルアイテムのハズし役にもぴったり。ネックレス[SIL×アコヤ真珠]¥270,000/ミキモト(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター)

華奢フェミニンなアンティークウォッチは、宮澤さんも「もっと早く買っておけばよかった!」と後悔したというアイテム。いいものは早く買ったほうが、結果無駄がないはず! 時計[K18YG]¥330,000/ロレックス(ケアーズ 表参道ヒルズ店)

エルメスのシルバージュエリーのような、トラッドな薫りのジュエリーには枯れない魅力があります。ブレスレット[SIL]¥161,000/エルメス(エルメスジャポン)

宮澤敬子さんがナビゲートする名品たち、いかがでしたか?
この先5年、10年と色褪せない名品は、アラサーで手に入れて長く愛用するのが賢い選択。自分の感覚や素直な気持ちに従って、これぞという逸品に出合いたいですね。

撮影/坂田幸一
スタイリング協力/平田雅子
編集協力/木村綾乃

※素材表記は、YG=イエローゴールド、SIL=シルバーです。

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る