今どきマストなエコバッグは、おしゃれ度満点なものを選びたい!

あなたの「素敵!」「可愛い!」が、誰かのため、地球のためになったら・・・うれしいと思いませんか?
この記事では“持続可能な愛”をもって活用し続けられる、今どきブランドの才色兼備なサステナブル名品について、その魅力をナビゲートします。

才色兼備なエコバッグ

毎日の生活に欠かせないアイテムとなったエコバッグ。100回以上使えばエコといわれているので、やっぱりデザインにもこだわりたい! せっかくなら可愛くて環境に良いものをセレクトし、エシカルなアクションを自分らしく楽しみましょう。

バッグ A・B スカーフブランドのバッグらしく、さまざまな柄がミックスされているのが個性的! 手持ちのバッグとの2個持ちもサマになりそう。(44×39cm)各¥16,000/マニプリ(フラッパーズ)C・D 一見レジ袋風な見た目でも、実はシワ加工を施した生地感やロゴの刺しゅうなど、こだわりのあるデザイン。洗濯にも強く、かさばらないうえに、中に入れたものが透けにくいのも魅力。(27×18×7.5cm )各¥5,000/オープンエディションズ(エスケーパーズオンライン)E トラックの幌を再利用したエコバッグ。1から5の数字でたたむ順番がデザインされているのが愛らしい!(56×28cm)¥4,600/フライターグ(フライターグ ストア トウキョウ シブヤ)F まさに時代は「LESS PLASTIC IS FANTASTIC」! 印象的なメッセージが目を引くデザイン。(62×41×12.5cm)¥3,000/ピルグリムサーフ+サプライ


おしゃれにコーディネートできるエコバッグがあれば、レジ袋削減だってハッピーに。持続可能なおしゃれ名品と、“密な関係”を築いていきましょう!


撮影/坂田幸一
スタイリング/高橋裕美
編集協力/木村綾乃

※( )内の数字はバッグのサイズ(縦×横×マチ)を表します(編集部調べ)。

※プライスはすべて税抜です。

GINGER編集部ファッション班
ナビゲーター
GINGER編集部ファッション班
ファッションでも“自分らしく”を表現したい大人女子に向けたトレンドねたとアイデア満載。モテたい、でも人とは差をつけたい! そんな女ゴコロを満たす旬情報をお届け♪
このナビゲーターの記事を見る