【おしゃれ女子も必読】モテるファッションvs モテないファッションの差はココ!

自他とも認めるおしゃれ女子だからといって、それがイコール“モテる”に直結するわけではありません。だからといって、男目線を意識しすぎた媚びたファッションで、自分スタイルに反するおしゃれはしたくないもの。

とはいえ、あなたがおしゃれなのに“非モテ”な状態に陥っているとしたら、見直したいと思いませんか? まずは男性の本音に耳を傾けて、取り入れるべきところは取り入れる。彼らの本音は、無視できないような、世の中の“普通の感覚”の上に成り立っていたりして、それはそれでナルホド~という部分も多いのです。

そんな彼らの、女子ファッションに対するリクエストを確認しながら“モテる女”のおしゃれについて考えてみましょう。

男たちからのリクエスト① “抜け感”はいいけど“抜きすぎ”はやめて

女性ファッション誌が今どきのスタイルを語るときに連発しているフレーズのひとつ“抜け感”。抽象的なセオリーながら、おしゃれ女子なら“抜け感”の「ある」「なし」の違いを、きちんと把握しているはず。
きちんと系のトップスときちんと系のボトムスを合わせたら、足元はプレーンなパンプスではなくて、あえてぺたんこ靴で「ハズす」でしょ、みたいな。

しかしこの“抜け感”を、“頑張りすぎない、力を抜いたかんじ”とだけ解釈してしまい、ラクチン方向に偏った“どカジョアル”に振りすぎている女子も多いので要注意。

「彼女がズルッとしたニットに、すごく太くて長いパンツをはいていて・・・。色気なさすぎだからそれやめようよ、と言ったら『え!? この抜け感がトレンドなんだよ』と返された。正直、理解不能です・・・」(公認会計士・36歳男性)
というコメントからもわかるように、ハズしすぎた“抜け感”はやっぱりモテやしません。

あくまでも、きれい、可愛げがある、色気がある――という愛され要素を残しつつの、ハズしワザを駆使するべし。
オーバーサイズニット+ワイドパンツを着たら、ヘアはまとめて顔まわりすっきり&うなじ見せ。首だけでなく、手首、足首も露出しての3首見せはマストです。さらに足元は上品見えのヒールパンプスを合わせるとかとか・・・。

ディテールまできっちり計算して整えてこそ、モテにつながる“抜け感”は生まれます。

男たちからのリクエスト② わざわざ“マニッシュ”とか狙わなくていい

人は自分にないものに憧れ、興味を持つ生き物。だから男性は、自分たちが着ない、着られない服を着こなす女性をステキだなと思うわけで。ワンピース、スカート、フリルやレースのブラウス・・・それが“女っぽい”との代名詞になるのは、つまりはそういうこと。

だからこそ、女子がおしゃれ見えを狙って取り入ている“マニッシュ”や“ボーイッシュ”なアイテムは、そのアイテム自体にコーディネート全体の印象を引っ張られないように。あくまでも、“マニッシュ” or “ボーイッシュ”なアイテムを効かせた女らしいコーディネートを目指すのが正解。“男っぽく”“少年っぽく”見せたいわけじゃないのですから。
そう、女っぽさを際立たせるために“マニッシュ”を使う。使い方を間違えると、モテない女一直線ですよ。

写真のスタイリングのように、マニッシュなMA-1ふうブルゾンを着るならば、視覚的にだんぜん強く印象に残る白のプリーツスカートを充てる(デニム合わせなんて絶対にNG)→  結果、プリーツスカートの女っぽい印象が勝つ! このコーディネートで現れた彼女に、がっかりする男性はいないでしょう。

男たちのからのリクエスト③ クールより“あったかい”が好き

「ちょっとツンとした美人がいたら、男の狩猟本能はくすぐられるけれど、実際に付き合い始めたらいちいち機嫌とか取るのが面倒。最終的に選ぶのは、気立てのいい癒し系のコになる」(コンサルティング会社勤務・29歳男性)という、あ、やっぱりそうだろうね、という発言を耳にした筆者は、それはファッションにも通じるよな・・・と、頭のなかで点と点を線で結びました(笑)。

男性は、かちっと印象のケーブルニットより、ふんわりニットがお好き。

冷たい印象のレザーより、もこもこしたムートンがお好き。

とんがったポインテッドトゥのパンプスより、丸みのあるアーモンドトゥがお好き。

攻撃的なアニマル柄よりも、愛らしい花柄のほうがお好き。

カッコいい黒よりも、優しいベージュの服を着た女子が好き。

寒色系でまとめた着こなしより、暖色系でまとめた着こなしがお好き。

・・・…とにかく、とにかく、冷たい印象より、“優しそう”で“柔らかそう”で“あったかそう”なほうがお好き。
攻撃的に見えるアイテムより、可愛くて、華やかで、上品見えなアイテムを着こなした女子のほうが、本命の彼女に選ばれやすいってことですよ。あまりにも単純すぎるけれど、それは明快な真実なのです。

男たちからのリクエスト④ いつも同じ顔ばかり見せられてもツマラナイ

かつてもてはやされたツンデレカフェのブームは、とっくに終わったみたいですね。でも、男ごころに潜む“ツンデレ”好きは、消えてはいません。

「オフィスではいつもシャツスタイルの女子が、社員旅行でピンク系のワンピースを着てきたときの男どもの動揺は半端なかった(笑)」(電機メーカー・28歳男性)って、そういうベタな話を聞くとこっちが動揺です(笑)。

いわゆる“ギャップ萌え”ってやつは、実はファッションにおいても求められている要素。ジャケットを脱いだら、ノースリーブだった。オンではいつも“きれいなお姉さん”スタイルなのに、オフの日に会ったら“やんちゃな妹”みたいに女のコっぽいスタイルてドキリとした。――そういう、二面性に惑わされたい、翻弄されたいという男性の願望も意識してみましょう。

実は女子のなかにも潜んでいる“変身願望”を駆使して、たとえば同じ服を着回すとき、特別なシチュエーションでのデートやイベント・・・シーンに合わせて、いつもと違う自分を演出するテクニックも磨いて。

男たちからのリクエスト⑤ オレと相性のいいファッションを考えて欲しい

街ゆくカップルを観察していると、男女のどちらかが明らかにおしゃれレベルが高くて、片方だけが目立っているアンバランスなペアを見かけます。
だいたいが、女子の方がおしゃれさんというケースが多くて、まるで彼氏が付き人みたいに見えたり(笑)。

「自分と会うときは、ふたりでいて浮かないおしゃれレベルにしてほしい。とくに仕事帰りに会う場合は、こっちはスーツなわけだし」(証券会社勤務・37歳)

「カップル単位で集まってBBQしたときに気付いたけど、服装がちくはぐなカップルは交際歴が浅いか、別れが近い(笑)」(飲食店経営・42歳男性)

――自分の彼女がおしゃれなことは大歓迎だけど、それはモード過ぎたり、ラグジュアリー過ぎたり、いかにも流行最先端・・・であって欲しいわけではない。
彼と一緒に行動するときは、彼と一緒にいて絵になる私、という想像力を働かせて着こなしを組み立てる必要あり。

そのためには、普段から彼のことをきちんと見ていたり、自分たちがどう見えているかを客観的に見てみたり、つまり、自己中心的なおしゃれをしない、ということなのです。

モテる vs モテないのボーダーラインは、決して難しいことではありません。
ひとつひとつ検証してみると、それはおしゃれだけの話ではなく、相手の気持ちを配慮するということであり、一緒にいることを楽しんでもらうための気遣いと心得て。

TPPO(時、場所、相手、シーン)を計算したおしゃれをすることは、大人の常識。“モテるおしゃれ”とは、つまり特別なことではなくて、普通のことをきちんとクリアしていく先にある、簡単なことなのです! 
そう理解すれば、男性と会うシーンでの“自分らしくモテるおしゃれ”のハウツーが見えてきませんか?

文/こだいらこゆき

こだいらこゆき/ファッション&ライフスタイルウォッチャー
ナビゲーター
こだいらこゆき/ファッション&ライフスタイルウォッチャー
ファッションウォッチャーにして、セレブリティウォッチャー。あらゆるSNSをチェックして、女子の生き方や振る舞い、ライフスタイルのトレンドを分析するのが好きな、アラフォーのチーフ「こだいら」とアラサーのアシスタント「こゆき」のコンビ。
このナビゲーターの記事を見る