長谷川京子が大胆披露!女のからだを語る

痩せていることが美しさの条件ではない今の時代。多くの女性から“理想のボディ”と支持されている長谷川京子さんにフォーカス。

圧倒的な肉感が女としての迫力を醸し出す、その美しいボディについて語ってもらいました。    

成熟した精神を感じさせる。そんなボディに仕上げたい

「ずっと続けていることは特にないんです。ストレッチとしてヨガを取り入れて、ボディメイクにはキックボクシングなどの有酸素運動を中心に、効かせたい箇所があればウエイトを付けることも。そのときの直感に従い、今やりたいトレーニングに精を出すのが私のやり方です」    

シャツ¥105,000、ショートパンツ¥105,000、パンプス¥130,000/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)  

「今のトレンドはヒップアップ。昔からヒップが大きいのがコンプレックスで、嘆いてばかりの時期もありました。でもそれが魅力と褒めてくれる人がいたり、ジェニファー・ロペスのような『大きくてカッコいい』と思わせてくれる存在に感銘を受けたりして、価値観をシフトチェンジ。そこからチャームポイントだと捉えられるようになったんです」    

オールインワン¥4,800/オーバーニース(ジューキ ナゴヤ)  


GINGER7・8月合併号では、からだに対する価値観の変化など今の想いを語ってくれた彼女。女が見ても惚れ惚れする美しいはだかを披露しているので、ぜひチェックして!


PROFILE/はせがわきょうこ●1978年7月22日生まれ、千葉県出身。雑誌の専属モデルを経て、女優として活躍。現在はバラエティにも仕事の幅を広げ、「グータンヌーボ2 」(カンテレ)ではMC を務める。昨年16年ぶりとなる写真集『Just as a flower』(宝島社)を発売し、“女の魅力”が満載と話題に。


撮影/下村一喜(AGENCE HIRATA)
スタイリング/長澤実香
ヘア/GO UTSUGI(PARKS)
メイク/佐々木貞江
インタビュー/本庄真帆
撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る