日本初「BIO HOTEL®認証」を取得したカミツレの湯が体感できる宿

長野県北安曇で、土壌からこだわった有機のカミツレを栽培。そこで生まれたのが肌と体に安心なカミツレエキスの入浴剤「華密恋」。その後「華密恋の湯」が体感できる宿「八寿恵荘」をつくり、この地を「カミツレの里」に。肌が敏感なアトピーの子どもたちや乳がん術後の女性たちのツアーも企画。日本初の「BIO HOTEL®認証」を取得した宿と健康を助ける入浴剤の秘密について、最新のヘルスケアを取材し続けている増田美加がお届けします。

本当のオーガニックの宿とは…

創業者である故・北條晴久さんが故郷、長野県北安曇郡池田町に土からこだわったカミツレ(カモミール)畑とカミツレエキスの製造工場、「華密恋の湯」が体感できる宿「八寿恵荘」を完成させたのが1980年代のこと。 父親の遺志を継ぎ、現社長・北條裕子さんは、食事、飲物はすべて地産地消にこだわったビオロジックに。石鹸・シャンプー類・コスメ・タオル・ベッドリネン、さらに施設の建材や内装材も、可能な限り自然素材を使用した宿に成長させ、ライフスタイル全体を提案できる宿へと昨年新たにリニューアル。 「BIO HOTEL®」認定を取得。現在、認定ホテルは欧州中心に約90軒ありますが、日本ではここ「八寿恵荘」が初の認定です。

アトピーや術後の傷も癒されるお湯

アトピーやぜんそくなどのアレルギーを患う子どもたちや、乳がんを患い、乳房の傷を気にして大浴場をあきらめてしまう女性たちに、“心ゆくまで宿泊と入浴を楽しんでほしい”とツアーを企画。 カミツレのもつ自然の力が美容はもちろん、健康にも役立てられるように、「華密恋薬用入浴剤」を使用したお風呂で、病気や治療後のQOLアップのための体と心のケアを行っています。 乳がん経験者の私も実際入浴しましたが、乳液をつけた後のように肌がしっとり。そして驚くほどぐっすり眠れて、朝はカミツレの花の香りで目覚めました。

花だけでなく茎、葉…全草使用がポイント

国産カミツレ100%のこの入浴剤は、保湿に優れ、湿疹や荒れ肌、ニキビ、あせもなどの肌トラブルを鎮めます。また、体を芯から温めることで、冷えや疲れをとりのぞきます。 「華密恋薬用入浴剤」がすごいのは、有機肥料で栽培したカミツレの花だけでなく茎や葉…と“全草”を使い、非加熱で有効成分を抽出していること。有効成分を独自の製法で余すところなく取り出します。合成香料、合成着色料、鉱物油は使用せず、余計なものは一切入っていません。 だから私は入浴剤としてだけでなく、「華密恋薬用入浴剤」の原液を指にとり、吹き出物や口内炎に直接つけています。抗炎症作用があるので、化膿せず治りが早いなあと実感。 カミツレ研究所 公式ホームページ http://www.kamitsure.co.jp/

文/増田美加


増田美加/女性医療ジャーナリスト
ナビゲーター
増田美加/女性医療ジャーナリスト
NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。本誌「30歳美容委員会・女性ホルモン整え塾」でもお馴染み。エビデンスに基づいた健康情報、予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書は『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人「みんなの漢方R」理事長、NPO法人「乳がん画像診断ネットワーク(BCIN)」副理事、NPO法人「女性医療ネットワーク」理事、CNJ認定「乳がん体験者コーデイネーター」ほかを務める。
このナビゲーターの記事を見る