【オンライン映えメイク】バーガンディな色っぽピュアアイで秋を先取り!

私たちの生活の変化は、毎日のメイクにも大きく影響。今っぽさを取り入れながらも、マスクやモニター越しでも美しく見せたい・・・。新常識が生まれつつある今こそ、アイメイクも更新しましょう!

今回は、三吉彩花さんをモデルに迎え、オンラインデートにもぴったりなバーガンディのアイパレットを使ったメイクを、人気ヘア&メイクアップアーティスト小田切ヒロさんに教えてもらいました! 

重く見せないための下まぶたインサイドラインがポイント

「バーガンディを目のキワに濃く入れることでフレームが強調され、デカ目効果絶大。さらに、重たい印象にならないよう薄ピンクのラメシャドウを下まぶたのインサイドに仕込むことで白目がクリアに見え、ピュアな雰囲気に」(小田切さん)

重く見えがちなバーガンディも、このテクで抜け感アップ!

使ったアイテムはこちら!

ランウェイの赤いドレスからインスパイアされた華やかな赤系パレット。サンク クルール クチュール 879 ¥7,600/パルファン・クリスチャン・ディオール

このメイクのハウツーは・・・

パレットの左下のカラーを細いチップに取り、二重幅に。目のキワが濃くなるようにグラデーションにする。下まぶたも同様に。右上のカラーを下まぶたのインサイドに入れて完成。カラーマスカラでより柔らかい目元に仕上がります。

撮影/[モデル]YUJI TAKEUCHI(BALLPARK)、[静物]石澤義人
ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ)
スタイリング/安西こずえ
モデル/三吉彩花

※プライスは税抜です。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る