モテるのに恋愛が長続きしない…すぐにフラられる女の特徴と原因とは!?

あなたの周りにこんな女性はいませんか?
見た目もキレイでいつもおしゃれに気を使っている。さらに性格も親しみやすく、いつでもニコニコと前向きで男女問わず誰からも好かれる人気者! いつも夢に向かって楽しんでいて、キラキラと輝くいわゆるモテ女子♪
恋愛も積極的だし、異性からも引く手数多で恋愛で苦労したことなんてなさそう。思わず、羨ましいな〜!!!と憧れてしまうような女性です。
しかし、よくよく話を聞いていると、オヤ!?と思うこともあるかもしれません。
例えば、確かに恋人には不自由していなさそう、でも会うたびに彼氏が変わっているなぁ。なんてことはありませんか?  いつも彼氏がいて羨ましいな〜とは思うけど、そういえば全然長続きしてないな〜というかんじだったり。

そしてもしもあなた自身がそういう恋愛を繰り返しているとしたら、一度自分自身としっかりと向き合ってみることをオススメします。

恋愛が長続きしない!  もしくは彼氏はできるのに、すぐにフラれてしまうというあなたは、女性ホルモンが影響しているかもしれません。 

PMSは人格まで変えてしまうこともある

Licensed by Getty Images

PMS(月経前症候群)の症状には個人差があり、その症状の数は約200種類以上にのぼると言われています。そして、PMSの症状は身体的な症状だけではなく、精神的な症状も数多く含まれます。PMSは「なんかいつもの私と違う」という感覚に陥るほど、人格さえも変えてしまう影響力があります。

さらに、PMSの症状には性格傾向も影響します。もともと責任感が強く、人に頼ることが苦手だったり、真面目でポジティブな言葉を口にすることが癖になっていたり、いつも人前ではニコニコ明るく振舞ったりなど、そういう女性が生理前になるとプツッと糸が切れたように無気力になってしまったり、漠然とした不安に襲われたり、ネガティブな考えしか浮かばなくなってしまったりといった症状に苦しんでいたりします。

職場の同僚や友人とはなるべくこの時期には深く関わらないようにすることで誤魔化せますが、近い存在の彼氏だとそうもいきません。
そして彼氏が、彼女のいつもとは違う側面を見て驚き、「こんな女性だとは思わなかった」「めんどくさい女だな」「俺の手には追えない」と、去ってしまうのです。

ありのままの自分を認めることで
真実の愛が見つかるかも!?

Licensed by Getty Images

そもそも、いつもの自分と違う側面を見ただけで去ってしまう男性なんて、こちらから願い下げだ!くらいの心持ちでいた方が良いかもしれません。
そして、好きな人から長く愛される恋愛をしたいのなら、まずは自分自身がありのままの自分を受け入れて愛する必要があります。

誰しも人には見せていない顔はあるものですが、PMSの時期に精神的な症状で悩む女性の多くが、普段から自分を偽り、弱さを隠し、無理をしてしまっている傾向にあります。
その無理がPMSの時期に爆発してしまうのです。

弱い自分はダメだ。
ネガティブなことを言ったら空気を壊す。
いつも元気だと思われたい。
バカにされたくない。

など、妙なプライドや価値判断がありのままの自分で生きることを邪魔してしまっています。案外、周囲の人はあなたが弱さをさらけ出してくれた方が嬉しかったりするものです。

好きな人と両想いになり長く愛され続けるために必要なのは、決して魅力的になるために、そして愛されるために日々自分を律することではありません。
本当に必要なのは、あなたがどんな自分でもありのままを受け入れ、ありのままの自分で人と接する「勇気」を持つこと。
そう、自分磨きよりも、ありのままの自分を認める勇気、ありのままの自分で生きていく勇気、そしてありのままの自分で愛される勇気。

愛されるために必要なのは、勇気だけなのです。

ありのままの自分を受け入れ愛すれば愛するほど、PMSによる浮き沈みも軽減されますよ♪
幸せで長く愛される恋愛をしたいあなたは、まずは「ありのままの自分で生きる」ことから勇気を出してトライしてみてくださいね。

文/西村留美

★あわせて読みたい!
#PMSはこちらから

西村留美 / 女性ホルモン専門家
ナビゲーター
西村留美 / 女性ホルモン専門家
14年間セラピストとして、人の身体や心をケアする仕事に従事。20代の頃から原因不明の不快症状(イライラや不安、無気 力など)に悩まされ、人生が思うようにいかないもどかしさを感じ、鬱なのかも?と思い、精神科を受診したことも。 後にそれらがPMSだったことを知り、生活習慣改善に取り組み克服したことを機に、同じ悩みを抱えている女性が他にもたくさんいるはずだ! と女性ホルモンについて徹底的に勉強し、女性ホルモン専門家となる。 現在は、女性が社会で自分らしく生きていくためには、女性ホルモンとうまく付き合っていくことは必須のスキルだという強い想いのもと、カウンセリングやセミナーを通して、世の中の女性たちに女性ホルモンが心身に与える影響や生理の大切さを積極的に伝える活動を多方面でしている。
このナビゲーターの記事を見る