MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TRENDライフスタイル

2020.12.27

豪華なのに簡単!スパイスチキンレシピ

こんにちは、カレーと音楽が好きなイラストレーターかざまりさです。いよいよ年末となりましたが、今回は年の瀬でもお家で簡単に作れるスパイス料理をご紹介します。片付けや大掃除など、やることがたくさんあっても作れてしまうほど簡単なのでぜひ試してみてください。

揉み込んで焼くだけ!ローストスパイスチキン

かざまりさ
ハーブミックスにお手持ちのスパイスを加えてお好みの風味に仕上げましょう!

●材料(1人分~)
鶏もも肉 1枚
オリーブオイル 適量
にんにく 1かけ
お肉のためのハーブミックス(KALDIで購入)  適量
岩塩 適量
黒胡椒(ミルで挽く) 適量
お好みのスパイス 適量
きのこ(エリンギ、マッシュルームなど) お好みの量

●作り方
1. 鶏もも肉を広げ、両面の表面に軽く切れ目をいれる。オリーブオイル少々と岩塩、黒胡椒(どちらも挽く)、お肉のためのハーブミックス(セージ、オレガノ、ローズマリーのミックス/KALDIにて購入)、お好みのスパイス・・・今回は粉末のオールスパイスを鶏肉の両面にふりかけ、揉み込み10分ほど常温で置いておく。

2. 鉄のフライパンを温め、弱火にしてオリーブオイル少量、軽くつぶしてからスライスしたにんにくを入れオイルに香りをつける。(ニンニクを焦がさないように注意!)

3. 1の鶏肉を2に入れ、皮の面からフタをして中火で焼く。切ったきのこも塩胡椒してフライパンの端で一緒に焼く。

4. 鶏肉にほとんど火が通り、皮がパリパリで良い色に焼けたらひっくり返して弱火に。鶏肉に完全に火が通ったことを確認したら、きのことともに皿に盛りつけたら完成!
ローストスパイスチキン

ポイントは皮目をしっかり焼いてパリパリにすること。
オールスパイスのほかにも、ピンクペッパーやクミン、カルダモンなどもスパイスの風味が効いてまた違った美味しさになると思います。

クリスマスだけでなく、どんな時期にも美味しく食べられる料理なのでホームパーティーや普段のメインの一品におすすめです。お好みのスパイスとハーブの組み合わせを見つけて、ぜひ自分だけのスパイスローストチキンを作ってみてください!

PHOTO=かざまりさ

TEXT=かざまりさ

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる