MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TRENDファッション

2020.11.15

隠れHITカラー判明!おしゃれ有名人は「ピンク」を支持

ガールパワーを象徴する色として、トレンドにかかわらず海外セレブの支持が厚いピンク。見ているだけでテンションが上がるのはもちろん、鮮やかなホットピンクから優しいパステルピンクまで、トーンによっても印象が変わり、ガーリーにもグラマラスにもなれる、魔法の色ですよね。そんな永遠の最愛カラー、ピンクがこの秋冬、ひそかにブレイク中! コートやダウン、ブーツなど、秋冬アイテムでピンクを取り入れて、キュートなスタイリングを楽しむファッショニスタが増えているようです。

ベラ・ハディッド

Licensed by Getty Images

ベラ・ハディッド

NYにて外出中のベラは、着映え力抜群なフューシャピンクのニットを主役にしたデニムスタイルを披露。シルバーとの配色になった浅いVネックには白シャツを重ねてプレッピーに、1996という生まれ年のゴールドチャームが付いた、マッツァ・ブティックの「バースイヤーネックレス」で輝きを添えています。胸元はアメリカントラッドを代表するラルフローランのカジュアルライン、ポロジーンズのロゴをポイントに。“いい子”な印象になりすぎないように、ドクターマーチンのローファーでストリート感をプラス。

スキ・ウォーターハウス

Licensed by Getty Images

スキ・ウォーターハウス

俳優ロバート・パティンソンとの交際も順調な、イギリス人女優兼モデルのスキ。ロンドンでキャッチされたこの日は、キュートなキャンディピンクのショートダウンで、ワイドデニムをほんのり甘めにシフトしています。こちらはモンクレール・ジーニアス2020の一貫として、ジェンダーレスをテーマに発表されたJW アンダーソンとのコラボコレクション。通常のダウンとは違う、ドット風のキルティングがユニークですね! 裾からのぞくタフな足元は、大HIT中のコンバットブーツ、プラダの「モノリス」。

リリー=ローズ・デップ

Licensed by Getty Images

リリー=ローズ・デップ

俳優ジョニー・デップを父に、元祖シャネルのミューズ、ヴァネッサ・パラディを母に持つリリー。シャネルの2021春夏コレクションのショーには、ピンクツイードのノーカラージャケットで登場。コンサバなイメージのあるルックを、レトロ可愛いスパンコール刺しゅうのバンドゥに羽織って、センシュアルに着こなしています。ベルトループやポケットなどに同生地をあしらったデニムとのリンク感も新鮮! コロンとしたピンクバッグでチャーミングに仕上げたコーデは、2021リゾートコレクションのフルルック。

オリヴィア・パレルモ

Licensed by Getty Images

オリヴィア・パレルモ

愛犬ミスター・バトラーとのお散歩デートで、スイートなピンクの千鳥格子柄コートを選んだオリヴィア。ベルテッドタイプで大人っぽくも着こなせる、華やかな1着は、マックス&コーの「ラナウェイコート」。アイスブルーのチュール素材がひらめく同ブランドのプリーツスカートを合わせて、大胆にきれい色MIXを実践しています。フェミニンなスタイリングにパンチを効かせるのは、注目トレンドのレースアップブーツ。控えめな厚底とミドル丈で差が付く、きれいめな1足はジャンビト・ロッシのもの。

イリーナ・シェイク

Licensed by Getty Images

イリーナ・シェイク

モノトーンの辛口ワークアウトスタイルに、秋冬定番ムートンブーツでローズピンクを目立たせたのは、ロシア出身スーパーモデルのイリーナ。イタリア発インティミッシミのブラックレギンスに際立つヴィヴィッドなブーツは、アンクル丈になって着脱しやすくなったアグの新作「クラシック ウルトラ ミニ」。クールスポーティな雰囲気に、ポップな差し色が遊び心たっぷりですね。同じくアグのボアブルゾンはホワイトで軽やかさを出しつつ、クロムハーツのタイニーサングラスをスパイス役に抜てき。

例年とは様子の違う2020年もあと2ヵ月。まだまだマスク着用やソーシャルディスタンシングに気を配る日々が続きますが、ちょっとテンションが下がり気味な日も、ピンクのアイテムに元気をもらえそうですね! コーデの主役として、差し色として、とびきり目立って、パワーを発揮してくれること、間違いなしです。

TEXT=江口暁子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる