MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDビューティ

2021.03.10

口元に気合いを入れたい日は、日本女性を美しく見せる紅を!

コスメ選びに迷ったら、今週発売の新製品からチェックしてみませんか? 《3月8日(月)~3月14日(日)発売》のコスメのなかから、GINGER世代におすすめのアイテムをセレクト。美容テンションをあげてくれるアイテムをご紹介します。

筆または薬指でBENIを塗る!新fucicaのリップカラーは、伝統色・大和色を新解釈した全8色

fucica

BENI 全8色 ¥5,400(真鍮容器、レフィル1色、リムーバル)/fucica(UCO)

3月13日(土)発売

日本の伝統色、大和色をベースにカラーメイクを提案してきた「fucica」。なかでもアイシャドウは鮮やかな発色で肌なじみがいいため、モードメイクから浴衣や着物メイクまで、彩りがほしい日に大活躍。その「fucica」がメイドインジャパンらしさを追求してリブランディング! 第一弾は女性の美をもっとも左右するといわれる口元に注目。

fucica

どこか懐かしいのに新鮮な、リップカラー「BENI」。今回も大和色を基本に、さらに春・夏・秋・冬と色を4つのグループに分類したパーソナルカラー診断で選べるという全8色をラインナップ。桃の花のようなピンク、太陽のような朱赤、野山に咲く百合のような赤など、それぞれのBENIが唇でもっとも映えるように、シアーとサテンの2種で構成されている。

fucica

しかも今回は「蓋を開け、筆にとり、紅を差す」という日本ならではの美容所作に回帰。その仕草をより美しく見せるひとつが、真鍮の容器。サステナブルにもこだわり、レフィルを簡単に外すことができるツール(リムーバル)も用意されている。お気に入りのカラーのレフィルを、経年変化も楽しめる真鍮の容器にセットして。

fuccica

BENI ルージュブラシ ¥2,500/fucica(UCO)

BENIと一緒に用意された紅筆は熊野筆。マスクを外す予定がある日は、このBENIを紅筆、もしくは紅差し指といわれる薬指で差してみよう。口元から気合いが入り、いつもと違う自分になれそうな気が! それから海外の友人のお土産としても重宝しそう。いつかの日のために覚えておきたい。

fucica
https://fucica.jp

TEXT=荒木奈々

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる