GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年11月号
11月号 Now on sale
人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2022.04.21

誰もが一度は経験したことある!?恋をするとモヤモヤすることNo.1とは

映画ライター渥美志保さんによる連載。ジャンル問わず、ほぼすべての映画をチェックしているという渥美さんイチオシの新作『パリ13区』をご紹介。作品の見どころについてたっぷりと語っていただきました!

心と体、恋はどちらから始まるのか?

パリ13区

祖母の持つ部屋で暮らすエミリーは、ルームメイトの募集広告でやってきたカミーユと一緒に暮らし始めます。「カミーユ」は一般的に女性名なのですが、現われたカミーユは男性教師。女性と暮らすつもりだったエミリーはいったんは断るものの、カミーユはちょっといい男で、奔放な彼女はそのまま関係を持ってしまい、なしくずし的にルームシェアに。エミリーは完全に彼にハマってしまいますが、カミーユにとってのエミリーは一時の遊び相手でしかありません。

パリ13区

一方、法律を学ぶため復学した大学で、顔立ちが似たアダルトサイトのスター、アンバーと間違えられてしまったノラは、ネット上の激しいセクハラに悩まされ退学。再就職した不動産屋にいたのは、事情により教職を休んで、友人の仕事を手伝っていたカミーユ。

パリ13区

「まるで聖女のよう」とノラに一目惚れした彼は彼女に猛烈にアタック、やがて二人は付き合い始めるのですが、ハラスメントがトラウマになってしまったノラは、男性と上手く関係することができません。悩むノラはふと「アンバーに対面してみよう」と思い立ち、アダルトサイトにアクセスし始めます。

パリ13区

恋をするとモヤモヤすることNo.1は、心と体が必ずしも一体じゃないこと。体の関係があっても、相手が自分のことを全然見ていないと感じることや、心は強くつながっていると確信している相手なのに、体の関係になることがはばかられる、とかって経験したことがある人は結構いるんじゃないかなと思います。

パリ13区

この物語において、一番の「ダメダメ」は間違いなくカミーユで、傲慢でうぬぼれで、エミリーを軽く扱う一方で、ノラは過剰に理想化し、この人って相手のこと何もわかっちゃいないな(何もわかろうとしない)と思うんですが、恋ってもしかしたらそういうものかも。映画は、アンバーを除くダメダメな3人が、そういう「ふわふわした恋」から一歩抜け出すまでを描いた物語といえるかもしれません。

パリ13区

パリの13区は中華街があることでも有名で、主人公の一人、エミリーは中華系です。カミーユはアフリカ系です。ここに、トラウマを抱えるノラとセックスワーカーのアンバーが加わり、映画は人種、職業、セクシュアリティなど、さまざまな人物への目配せがあることも特徴です。

パリ13区

私のお気に入りのキャラクターは、ダントツでアンバー。セックスワーカーと文字で書けば特殊に思われてしまうかもしれませんが、彼女が経験していることは、今の一般的な社会に生きる私たちと意外と変わらないなと思ったり。ノラとのやりとりでも本当に魅力的で、彼女がアンバーによって救われるのがすごくよくわかります。

パリ13区

4人は果たして幸せになれるのか、そして4人がたどり着く幸せの形とは。一部カラーですが大部分がモノクロの映像で切り取ったパリの町、夜の風景とかめちゃめちゃカッコいいので、そのあたりもお楽しみください。

『パリ13区』
監督・脚本/ジャック・オディアール
出演/ルーシー・チャン、マキタ・サンバ、ノエミ・メルラン、ジェニー・ベスほか
(c)PAGE 114 – France 2 Cinéma
https://longride.jp/paris13/
※4月22日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
 

渥美志保の記事をもっと読む。

TEXT=渥美志保

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年11月号

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

9月21日(水)全国発売のGINGER2022年11月号通常号の表紙には、デビュー15周年、アニバーサリーツアー真っ只中のHey! Sɑy! JUMP 山田涼介さんが初登場。大人の男のカッコ良さと色気を漂わせるワントーンにまとめたスーツ姿は、表紙解禁と同時に編集部にファンから感激のコメントが殺到。さらに10月号からスタートしたHey! Sɑy! JUMPの連載「TAG」では、彼がメンバーの髙木雄也さんをプロデュース。いつもとは違う表情で誌面を飾ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する