MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2020.10.26

結婚できない理由は自分にあるのかも?【艶っぽすぎてショウガナイ話】

“わかり合えない男と女”がテーマの芝居&トーク番組『岸本鮎佳&渋江譲二「艶っぽい夜」』(InterFM897)。
弊メディアでの連載も大好評の脚本家・岸本鮎佳さんと、俳優・渋江譲二さんによるお芝居と本音トークが面白いと話題です。このラジオ番組内で、GINGER読者のお悩み相談コーナー『艶っぽすぎてショウガナイ話』をオンエア中!
恋愛中も結婚してからも、男女間の悩みは尽きないもの・・・。番組でトークされた2人からのアドバイスを、ここでもプレイバック!

今回のお悩み:低体温な私・・・

仕事をする女性

(c)nampix/Shutterstock.com

【GINGER読者からの相談内容】

29歳、自分的には崖っぷち気分です。彼氏ナシ、仕事も商社のアシスタント職で発展性がなく、かといって専門職を希望して試験的なものをクリアする気持ちもなく。夢は結婚して、旦那さんの収入で暮らしつつ、自分は趣味的な仕事をすること。はい、甘い考えです。わかってます。

で、半年前から、取引先の36歳の冴えない男性から猛烈にアプローチされていて、2週間に1回ぐらい食事してご馳走になったり、誰でもいいから愚痴りたいときに電話して話を聞いてもらったり・・・しています。いい人だけど、キスすることさえ想像できません。

結婚を前提に付き合ってくださいと、何度も言われていますが、今のところはぐらかして時間稼ぎしています。

今後の人生で、ここまで言ってきてくれる人もいないだろうし、この彼と結婚すべきなのか?と、冷静に考えてみたりも。

そもそもお見合いでそんなに好きでもない人と結婚して、ずっと添い遂げるカップルもいるじゃないですか。私にもそういう流れで淡々と結婚、結婚生活ができるのでは?と分析してみたり。

情熱に突き動かされて、とか、そういう恋愛もしてみたかったけど、なんかそういうのってドラマのなかだけの話かなって思うし、性格的に自分にはできないと、客観的に判断しています。

1つの挑戦というか、現状打破というか、そんなかんじで結婚するのって、アリでしょうか?(29歳)

岸本 はい、ナシです!

渋江 う~ん。これは正直、ワードのひとつひとつに自分勝手さを感じてしまう・・・。そうやってあえて書いてくれているのかもしれないけど“相手のために私はこうしたい”っていうのがないよね。

岸本 なるほど。意思がないのね。

渋江 そうそう。自分がこうなりたい、こうしてほしいが先行しちゃってる感じ。

岸本 そうだよね。でも、この気持ちはすごくわかる。趣味的な仕事をしながら旦那さんの収入で暮らすって、めちゃくちゃいいと思う。

渋江 うん。

岸本 ただ、本当にそれであなたは楽しいですか?って聞きたいですよね。想像してみてくださいよ。この人で妥協しますみたいな感じで、まったく恋愛感情を持てない男性と結婚して。その後、何十年一緒にいなくちゃいけない。はじめからそんなスタートで、何に興味が持てるの?って。

渋江 自分がもたないし、離婚しちゃうよね。

岸本 そうそう。だから、お金がなくなったら離婚しちゃうのかなって思うよね。「お見合いでそんなに好きでもない人と結婚して」ってあるけど、お見合いでうまくいっている人は、最初からこういう考えを持ってないと思う。

渋江 そうだよね。ちなみにうちの両親お見合い結婚なんですよ。

岸本 あら、そうなんですね。

渋江 でもうまくいっていますよ。だから、出会い方はなんでもいいと思う。けど、お互いが相手のためを思わないと、結婚生活はうまくいかないよね。

岸本 そうそう。

渋江 相手のためとか、相手のことを好きで結婚するのはいいけど、自分のためだけに人を巻き込むのはやめましょう!

——結婚を焦るあまり、自分のことばかり考えてしまっていませんか? まずは落ち着いて考えの整理を。きっと、新しい気付きがあるかもしれません! 思いやりをもって接することができる人に出会える日が来ることをイメージして前進しましょう。

岸本鮎佳&渋江譲二「艶っぽい夜」

皆さまからのお悩み大募集!

GINGERでは男女間にまつわるお悩みを募集しています。恋愛に限らず、上司や後輩とのお悩みも受付中。2人からアドバイスがほしい! 話を聞いてもらいたい! など、些細なことでもOK。本サイトの問い合わせフォームからお寄せくだい。

岸本鮎佳
脚本家・劇作家・演出家・女優。演劇ユニット「艶∞ポリス」主宰。女性独特かつ綿密な人間観察を土台に作り上げる会話劇を得意とし、笑いを織り交ぜたスタイリッシュな作風で幅広いファンをつかむ。主宰する舞台では、脚本、演出、出演をこなし、近年は映像の脚本も手掛けるなど、その多彩な才能を発揮。放送中のドラマパラビ「だから私はメイクする」(テレビ東京)で監督を務める。

渋江譲二
俳優。AVソムリエとしても活躍中。2003年ドラマ「美少女戦士セーラームーン」に地場衛/タキシード仮面役で出演し注目を集める。2005年「仮面ライダー響鬼」にイブキ/仮面ライダー威吹鬼役で出演。近年はAbemaTV「かぐや姫と7人の王子たち」「僕だけが17歳の世界で」、映画『新卒ポモドーロ』などに出演。AVソムリエとしてWeb「FANZAニュース」で対談連載中。

岸本鮎佳&渋江譲二「艶っぽい夜」
InetrFM897 岸本鮎佳&渋江譲二「艶っぽい夜」(毎週木曜23:00~)

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる