GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDファッション

2020.11.08

“重め”が今っぽい!「厚底編み上げ」ブーツがおしゃれ有名人の足元を席巻中

この秋冬はロングブーツの人気復活といわれていますが、いまやショートブーツはおしゃれな海外セレブが年中履いているほど、定番アイテム。ほどよいカジュアル感があり、ロングスカートやワイドパンツなど、ボリュームのあるボトムスともバランスよく合わせられて、何かと重宝しますよね。
今季は、おなじみのドクター・マーチンやプラダのユニークなポーチ付きコンバットブーツを筆頭に、足元に重さを出して、バランスのいいコーデを叶える、厚底の編み上げブーツが流行中のようです!

イリーナ・シェイク

Licensed by Getty Images

イリーナ・シェイク

ロシア出身のスーパーモデル、イリーナは、辛口なブラックスキニーにすんなりなじむコンバットブーツで、愛娘リアちゃんとお出かけ。ハードめな厚底のレースアップがボーイズライクな1足は、パリを拠点とするシューズブランド、ボースのもの。
トップスには全面にパールがちりばめられたクールエレガントなブルーニットを選んで、強めな女らしさをアピールしています。こちらはロンドン発セルフポートレートのもので、フロントがツイストされた個性的なデザインによる、お腹チラ見せがセクシー。

コートニー・カーダシアン

Licensed by Getty Images

コートニー・カーダシアン

お騒がせセレブ一家として有名なカーダシアン家の長女コートニー。身長155cmと小柄な彼女は、ワンピ風に着たトレンチに、ナイロンポーチが付いたユニークなプラダの「モノリス」レザーブーツをセレクト。ボリューム感たっぷりな足元で、全身のバランスがいいコーデに仕上げています。
共布ベルトでのウエストマークとブラックパイピングで引き締まって見えるトレンチは、シャネルのもの。エルメスの「ミニケリー」バッグをちょこんと持って、クラス感あふれる大人の都会的コーデ完成。

ヴェロニカ・フェラーロ

Licensed by Getty Images

ヴェロニカ・フェラーロ

SNS界のスター揃いなイタリアで、トップファッションブロガーの1人として知られるヴェロニカ。ミラノ・ファッションウィークではアルベルタ・フェレッティのショーに、ダークトーンのストリートカジュアルで登場。
オーバーサイズのボアブルゾンとブラックデニムシャツの異素材MIXに、シンプルな白Tで軽快さをプラスした着こなしが、モノトーンでも表情豊かですね。ブラックパンツはプラダのコンバットブーツにインして、サイドについたキュートなポケットをアクセがわりに!

ソニア・ライソン

Licensed by Getty Images

ソニア・ライソン

ベルリン拠点のファッションブロガー、ソニアは、スウィートなミニスカートコーデのスパイスとして、プラダのコンバットブーツを採用。トラッドなチェック柄が主役級の存在感を発揮する1枚はディオールのもので、ひらひらとラッフルがあしらわれたザラのニットとクラシカルにスタイリングしています。
ほっこりキュートな、ディオールのムートンバッグをあえてクラッチ持ちにしてスタイリッシュに、レトロなムード漂うボッテガ・ヴェネタのサングラスがハズシとして効いていますね。

辛口なコーデをカッコよく決めてくれるのはもちろん、甘めなスタイリングのスパイス役としても活躍します。足元に重みを添えて、今っぽいコーデバランスに仕上げてくれる名脇役。ショートブーツで今年らしさをアピールするなら、ボリューム感たっぷりな厚底の編み上げブーツで決まりです!

TEXT=江口暁子

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する