GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDビューティ

2021.11.27

ハイフ?それとも塗るハイフ?最先端のたるみケアに注目

日々、数多くの製品が発売されているビューティ業界。そのなかからアラサー世代に本当に必要な化粧品、そして信頼のおけるブランドを美容ジャーナリスト永富千晴さんが紹介。あなたのキレイをひと押しするメッセージとともにお届けします。

エピステーム

最先端の再生医療知見を肌へと実現したエピステーム最高峰の次世代肌再生クリーム。再生医療で注目されるエクソソームに着目し、コラーゲン・エラスチンを増産する独自のコンプレックスを開発。またロート製薬独自成分でもある脂肪幹細胞の培養上清を低分子化した「ステムCM」などを配合。画期的なコラーゲン再生で、かつてないハリ肌に。エピステーム ステムサイエンスRXクリーム 45g ¥55,000/ロート製薬

毎日を最高の状態に整える努力こそ、美を鍛える自信に

高級クリームの開発が着々と繰り広げられた2021年。その理由のひとつに再生医療の中でも特に幹細胞研究が進んだことでエイジングケアの可能性が広がり、化粧品分野にも応用されていることが挙げられる。そしてもっぱら話題なのが、ロート製薬の開発した〈エピステーム ステムサイエンスRXクリーム〉。巷では「塗るハイフ」といわれている、肌再生クリームがこの艶やかなアイテムなのです。

ハイフ(HIFU)は、美容医療業界で大ヒット中の超音波治療で、フェイスリフトと同等のリフトアップ効果を得られる、といわれているメニュー。クリニックによって特徴やコース設定もさまざまで、価格も3万円前後~10万円台などばらつきが。熱エネルギーを深部に入れていくこともあり、目周りや脂肪の厚さ、神経経路によっても出力の調整が必要だったり、デザイン性などもあったりするそう。なので技術や経験、そしてセンスも必要な医療メニューなんです。リフトアップしたものの、左右のバランスが代わり、顔が歪んでしまった、という残念な話も聞くので、検討中の方は慎重にね。

そんな事情の中、出会ったこの〈エピステーム ステムサイエンス RXクリーム〉。脂肪幹細胞美容液などにも興味があったものの、いまいち実感を感じてなかった私としてはちょっと半信半疑ではありました。しかも5万円以上のクリームをポーンと買うって、それ相応の効果を期待してしまうもの。私だったら、即効性よりも、塗りたくなる、続けたくなる、日々の些細な変化を感じたい。朝起きるたびに、いつもよりなんかいい、ちょっといい、が続いてくれたらって。そうしたら、なんてことでしょう。このエピステームは見事に飽きさせない変化を感じさせてくれるクリームだったのです。しかも、もっちりとしたハリだけでなく、抗炎症、美白、保湿、創傷治癒、と肌のエイジング症状に対して、一緒に底上げしてくれるので、眠っていた肌力がみなぎっていくような。そして、肌触りがどんどんよくなっていくんですね。これが製薬会社の「成分を効かせるべき層に届ける」というデリバリー技術の力なのだと改めて感動しました。春になる前にコツコツと肌をリカバリーするケア、始めてみませんか。

エピステーム

なんとなく元気のない肌にはこちらを。脂肪幹細胞の質を高め、肌の土台を立て直す導入美容液オイル。抗酸化力がビタミンCの6.3倍もあるPQQを安定化させるカプセル技術を採用。エピステーム ステムサイエンスオイル 26ml ¥12,100/ともにロート製薬

エピステーム

目のプロであるロート製薬だからこそのアイクリームは鉄板中の鉄板。乾燥、シワ、くま、など全方位へアプローチ。エピステーム アイパーフェクトショットa 18g ¥12,100/ロート製薬

永富千晴の記事をもっと読む。

PHOTO=国府泰(studio Aura)

TEXT=永富千晴

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する