GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDビューティ

2021.03.26

リモートワークの日はこのコスメで決まり!【2021春のベースメイク】

ビューティマニアたちはこの春、どんなベースメイクをしている? お家で過ごす日、外出する日…シーン別にさまざまなプランを大調査。今回はリモートワークの日におすすめのプランをご紹介します!

小田切ヒロさんのベースメイクプラン

〈右上から順に〉ミネラルインナートリートメントベース SPF31・PA+++ 25ml ¥4,950/エトヴォス シンクロスキン ラディアント リフレクティング ファンデーション SPF30・PA+++ 全12色 30g 各¥6,600/SHISEIDO トーンパーフェクティングパレット 全2種 各¥4,950/コスメデコルテ アドバンスドエシリアルスムース オペレーター ルースパウダー 全2種 各¥6,050/スリー

【プロ発】オンライン会議のアリ・ナシで使い分けて

写真の4アイテムは、ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさんが、リモートワーク派のために厳選した新作コスメ。

「外出時間が短いときのベースメイクは、肌に優しいものをチョイスしたいところ。まずは美容液成分たっぷりのエトヴォスの下地で、肌を自然にトーンアップ。デスクワークだけの日は、そこにお粉を乗せるだけでOK。スリーのルースパウダーは、キメの整った上質肌がテクニックレスで叶います。

オンライン会議がある日は、ツヤ:マット=2:8のセミマット肌がベスト。下地のあとに、1本でハイライト、ローライト要らずの立体感を演出してくれるSHISEIDOのファンデーションをONしてモニター映えな肌に! コスメデコルテのコンシーラーで欠点をカバーしたあと、スリーのルースパウダーで質感を整えたら完成です」

【読者発】リモートワークにおすすめのコスメはこれ!

美容好きな読者モデルチーム、美GINGERメンバーにもリモートワークの日のベースメイクプランを聞いたところ、やはりポイントになるのは下地という声が多数。
美GINGERのベースメイクプラン
〈左上〉鮫島理美さん(31歳/事務)
「この春買ったニューアイテム。アルビオンの新作下地でしっとり肌に。みずみずしいテクスチャーなのに、肌にぴたっと密着して表面はサラサラに。次に使うファンデーションの仕上がりも美しく、崩れにくい!」

〈右上〉齊藤珠衣さん(28歳/事務)
「ほぼリモートワーク。できるだけ肌への負担を少なく、1本でUV機能と下地を兼ね備えたアイテムを重宝しています。クレ・ド・ポー ボーテの下地は、サッと塗るだけで透明感がアップするんです♡」

〈左下〉川島里佳子さん(27歳/広告代理店)
「韓国で人気のドクターエルシアのトーンアップクリームは、これ1つでモニター映りが改善するほど。ファンデーションは使わず、このクリームのあとにお粉をのせてベースメイクは終了!」

〈右下〉中島愛美さん(28歳/アパレル)
「毎年、花粉の時季になると肌荒れに悩んでいたのですが、ラ ロッシュ ポゼの下地に変えてから無敵に! 目の下や小鼻など気になる部分に薄くコンシーラーをのせ、パウダーで肌をサラサラにして完成」

いかがでしたか? リモートワーク派の皆さんはぜひ、今回ご紹介した美容賢者たちのプランを、この春のベースメイクの参考にしてくださいね。

小田切ヒロ(おだぎりひろ)
ヘア&メイクアップアーティスト。ラ・ドンナ所属。エッジの効いたメイクと、豊富な美容知識で業界内にファン多数。YouTube「HIRO BEAUTY CHANNEL」も絶好調。

【2021春のベースメイク】の記事をもっと読む。

PHOTO=石澤義人

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する