GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.12.04

妻夫木聡×窪田正孝クロストーク。「愛」を感じるのはどんなとき?

ストイックに俳優道を極める、妻夫木聡さん、窪田正孝さんのおふたりにインタビュー。「愛」について4つの質問に答えていただいた。

妻夫木聡×窪田正孝

Q1. “ご自愛”するなら、何をする?

妻夫木聡さん(以下、敬称略) 窪田くん、ストイックだからご自愛とかできる? 時間ができたら筋トレとかして頑張っちゃうんじゃない? 家に懸垂マシンあるんでしょ。

窪田正孝さん(以下、敬称略) ご自愛で筋トレはしませんし、その懸垂マシンはもう捨てました(笑)。食でエネルギー入れて癒やされたいですかね。行ってみたかった焼き鳥屋さんに行ったり、お鮨屋さんを予約してみたり。一緒に食べてくれる人がいて、共有できるっていうのも大事。

妻夫木 僕は、いろいろ普段からスケジュールびっしり決めてしまうので、ご自愛なら、何も決めない時間を過ごすことかな。

窪田 制約のない時間ってやつですね。

妻夫木 ぼーっとしてもいい、携帯いじっていてもいい。そういう時間って贅沢なんですよ。子供が生まれて、初めてそれを知りました。もちろん家族との時間が一番大事だけど、たまのご自愛なら、そういう時間もいいかな。

妻夫木聡×窪田正孝

Q2. 仕事への愛を感じる瞬間は?

妻夫木 恋に落ちる瞬間って理由があるのかわからないでしょう。仕事もなんで好きなのかわからないけど、結局ずっと恋している状態に似ている。職業病で街行く人をじっと観察してしまうし、趣味でボクシングとか英語とか始めてみても、「これ絶対演技で使えるぞ」って思っちゃったり。愛を感じる瞬間があるのではなく、ずっと一緒に僕とあるものなんだろうなという感覚です。

窪田 わかる気がします。お芝居をすること自体が人間を表現しているし、人間を表現することは、昔から受け継がれてきたこと。歴史のあることです。ごくまれに、演技をしていて人間というものを受け継いでいる、と感じる瞬間があって、そのときは、ハッとします。

Q3. 仕事では、感謝と愛を言葉にしている?

窪田 実は、仕事での方が愛を伝えるのって難しいかも。感謝の気持ちを伝える『ありがとう』は常に言おうと思っているけど、愛は仕事の内容で伝えたいなと思うから。

妻夫木 役者同士は現場では、互いの演技のことって話さないんですよ。演技については監督が決めることだから。そういう意味で、窪田くんとも作品について話したことはないですね。言わないのも愛。もちろん相談されたら誠心誠意応えようと思っています。で、スタッフさんたちや周りへの感謝の気持ちは、差し入れで示しています(笑)。
妻夫木聡×窪田正孝

Q4. 家族に愛情表現できる方?

妻夫木 愛情表現って得意じゃないかも。昔はサプライズのプレゼントとか渡していたけど、最近は押し付けがましいのも嫌だなぁって。そばにいるということそのものを大事にしたいから。でも一周回ってもっと年をとったらまたやりだすかも。

窪田 僕は、家族でも家のことをやってくれるのは当たり前ではないから、ちゃんとありがとうと伝えたいと思っています。ありがとう、ごちそうさま、いってらっしゃい、おやすみ。それは絶対伝えるようにしています。あとはたまに、家に花を飾って置いておいたり、サプライズで花を買って帰ったりしています。

妻夫木 まじか! えらい!

妻夫木聡&窪田正孝が出演する映画『ある男』が公開中!

『ある男』

©2022「ある男」製作委員会 2022年11月18日より全国公開中。

「亡くなった夫、大祐の身元を調査してほしい」という奇妙な依頼を受けた弁護士の城戸。愛したはずの夫はなぜ、別人として生きていたのか――。平野啓一郎原作のヒューマンミステリー小説を映画化。
原作/平野啓一郎
監督・編集/石川慶
出演/妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝ほか
配給/松竹

妻夫木聡(つまぶきさとし)
1980年12月13日生まれ、福岡県出身。2001年『ウォーターボーイズ』で映画初主演、以後『東京家族』『愚行録』など数々の作品に出演。2010年『悪人』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。

窪田正孝(くぼたまさたか)
1988年8月6日生まれ、神奈川県出身。ドラマ「デスノート」、映画『犬猿』などに出演し、NHK連続テレビ小説「エール」で主演を務める。公開待機作に『湯道』『スイート・マイホーム』がある。

PHOTO=筒井翼

STYLING=[妻夫木さん]丸山晃、[窪田さん]菊池陽之介

HAIR & MAKE-UP=[妻夫木さん]勇見勝彦(THYMON Inc. )、[窪田さん]高草木剛(VANTÉS)  

EDIT=安井桃子

TEXT=安井桃子

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する