GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.08.18

田中圭は断然“犬派!”。主演映画のセリフに共感

犬との出合いと別れを描いた映画『ハウ』で主演を務める田中圭さん。自身も以前犬を飼っていたことがあり、今回の撮影では愛犬を思い出すこともあったそう。そんな田中さんの“ワンちゃんエピソード”も聞いてみた。

田中圭

自信がなくても不安でも、堂々とやれる道はある

大きな白いワンちゃんを愛おしそうに見つめる田中圭さん。このワンちゃん、“ベック”は映画『ハウ』の撮影でともに過ごした仲間です。

「映画の撮影のとき以来、今日久々に会ったんですが、覚えていてくれたのかな、すごく尻尾を振ってくれました。でも撮影時より少し落ち着いて、大人になりましたね」

犬との出合いと別れを描いた本作。田中さんも以前ワンちゃんを飼っていたことがあり、別れのつらさも理解できるのだそう。

「もちろん僕の飼っていた犬と、ハウは違いますから、僕が演じる民夫という男の気持ちは想像するしかありません。けれど、やっぱり撮影中は愛犬のことを思い出しました。セリフでもあるんですが、飼っていた犬を忘れることは、一生ないんですよ」

今年38歳になり、キャリアは22年目。けれども今も俳優の仕事で迷うことはあるのだそう。

「どうやって演じようとか、細々毎日悩んでばかりです。GINGER読者の方もきっと仕事で悩むことがあると思いますが僕も一緒です。でも自信をもって堂々とやることがカッコいいことだと僕は別に思っていないので、それでいいと思います。自信がなくても不安でも、堂々とやれる道だってあるし、逆に言えば自信しかなくても謙虚にやれる道もあるし、それは人それぞれですから。で、どうしても答えが出ないときは、僕は周りに相談します。批判的な意見でも解決策を提案してくれるならしっかり聞きたい。でも褒められなさすぎるのも悲しいから、最後は『こういうことだから、褒めて!』って言っちゃいますけどね(笑)。家族や周りとのコミュニケーションが迷いを減らす鍵なのかな」

田中圭

ジャケット¥396,000、ニットウェア¥83,600、ジーンズ¥124,300、ベルト¥58,300/すべてエトロ(エトロ ジャパン) 靴/スタイリスト私物

田中さんに4つの質問!

Q. 今、ハマっていることは?
A. コーヒーです!
どうしてコーヒー豆って、ものによって値段が違うんだろうって、不思議じゃありませんか? だから最近は安いものから高いものまで買っては家でいろいろ試しています。味はそれぞれ確かに違うけど、どっちが高くてどっちが安いかなんて絶対当てられない(笑)。不思議な世界だなと。

Q. 犬派? 猫派?
A. 犬派!

僕が生まれたときは家にマルチーズがいて、大きくなってからはヨーキー(ヨークシャーテリア)を飼っていました。またいつか犬と一緒に暮らしたいな。

Q. 自分を犬に例えるなら?
A. ゴールデンレトリーバー

気品があるところ、頭脳明晰なところ、まさに僕はゴールデンレトリーバーでしょ?(笑) でも周りには「絶対柴犬だ」って言われるんですけどね、なぜでしょうか。

Q. 最近の癒やしは?
A. マッサージ!

お風呂に入ったり、おいしいご飯を食べたり、日々のなかでわりとリラックスはできるほう。でも最近、改めてリラックスできるなって感じたのは、マッサージに行くこと。整体もリフレクソロジーも好きだな。受けているときは何も考えなくていいから。で、結局寝ちゃうんだけど。

 ©2022「ハウ」

©2022「ハウ」製作委員会

『ハウ』
監督/犬童一心
出演/田中圭、池田エライザほか
配給/東映 
2022年8月19日(金)全国ロードショー

田中圭(たなかけい)
1984年7月10日生まれ、東京都出身。2000年俳優デビュー。’03年ドラマ「WATERBOYS」で注目を集める。今年は映画『女子高生に殺されたい』のほかドラマ「持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲」などに出演。Huluオリジナルドラマ「死神さん2」が9月17日より配信開始。

PHOTO=野﨑慧嗣

STYLING=柴田圭(tsujimanagement)

HAIR & MAKE-UP=SHIGE

TEXT=安井桃子

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する