GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.08.11

スリランカで足るを知り、満たされた日々【松本まりかのTHINK CLEARLY】

ひとり旅は自分をリセットさせてくれるかけがえのない時間。これまでの旅の経験から、考えたことや感じたこと、学んできたことを綴る連載『ひとり旅×松本まりか=THINK CLEARLY』

松本まりか連載

(c)ND CHOW

先日、私はスリランカのアーユルヴェーダのリトリート施設で数週間を過ごしました。その旅のお話の続きです。

アーユルヴェーダは、インドやスリランカで約5000年の歴史を持つ伝統医学。最初に詳しい問診、脈診を受け、食事療法のほか、オイルを使ったトリートメントなど個々に合わせた施術をしてくれます。私はドクターの問診で、「ルーズ・ウェイト・プログラム」を受けることになりました。

普段、日本で私は「痩せすぎだから、とにかく食べなさい」と言われます。でも、私自身はたくさん食べないほうが感覚が冴えますし、調子が良い感じがしていました。ですから、アーユルヴェーダの、食事を制限して体に溜まった余分な毒素を外に出すという考え方には納得。私は以前から、取材などで美容法を訊かれると「デトックスです」と答えていたんです。特別なことをしなくても、体も心も頭もデトックスすることで、肌も内臓も健やかでいられる気がします。

栄養のある食物やサプリはいろいろありますが、それらをたくさんとることが万人にとって良いわけではなく、体質によって必要な量は違うんじゃないかなと思います。

「足るを知る」。たくさんのものを手にしなくても、少量でも十分に満たされることをスリランカで実感しました。空腹になって初めて食べる。ごはんを時間をかけて味わって食べる。これは東京に戻っても習慣にしていきたいです。

滞在したホテルはホスピタリティーにあふれていました。ルームクリーニングの青年スタッフに、お花が好きなので用意してもらえないかとお願いしたら、毎日素敵なお花を飾ってくれるようになりました。また、タオルを使って象さんやらお猿さんやら、かわいい動物を器用に作って飾ってくれました。私がそれに感激していたら、毎日1匹、新しい動物が増えていきました(笑)。長い滞在だったので、「レパートリーがなくなるから、もう十分だよ」と伝えたのですが、「大丈夫、まだある」と笑顔で、部屋の住民を増やしてくれました。

施術してくださる方、お部屋を掃除してくださる方、すれ違うたびに笑顔で挨拶を交わします。二言三言、なんでもない会話です。でも、人として大切に扱われている感じがして、とてもうれしかったです。私にしてくれたお仕事に対して「ありがとう」と伝えると、相手も喜んでくれる。そんなささやかな交流が心をほんわり満たしてくれました。

持続可能な働き方を目指して

皆が忙しく働いている間に休みをとることに対して、私はちょっとだけ罪悪感がありました。でも日本でも海外のように、皆が、もっと長いお休みを気軽にとれるようになったらいいなとも思います。

自分に限界はない、休みなんかいらないと思っていました。でも、それは短距離走的な働き方だったなと思います。良いパフォーマンスをキープするには心身を休めることも大切。「持続可能な働き方」を選んでいきたいです。休むというのは、自分を甘やかすことではなくて、自分を労わること、大切にするということなんじゃないかなと思います。

スリランカにいる間、私は幸せを噛み締めていました。それは高揚するような幸福感ではなく、地に足のついた満たされる感じ。じんわり、ほわーっと、体のこわばりが抜けていくような。この感覚を帰国後も味わえたら……それが目下の課題です。

Marika’s Memories/部屋の住民たち

松本まりか

孔雀と猿。どんどん凝っていきました。僕にはレパートリーは沢山あるさ!と、淡々と作ってくれた。もはやアート。どうかそのままにしておいてという書き置きを残した日から2週間。最後には14匹になったこの子たちと私は暮らしたことになります。長いひとり旅、淋しいなんて微塵も感じなかったのは彼らのおかげかな(笑)。

松本まりか(まつもとまりか)
女優。ドラマ『ホリデイラブ』の井筒里奈役で一躍注目を集める。Amazon Primeにて配信中の『雨に叫べば』にて主演を務める。映画『極主夫道ザ・シネマ』『妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪』が公開中。

【ひとり旅×松本まりか=THINK CLEARLY】をもっと読む。

COOPERATION=黒瀬朋子

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する