MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.11.15

高橋メアリージュン&ユウの密な関係――2週間会わないと不安になる!?

物心がついたときからそばにいた、かけがえのない存在。ずっと一緒に生きてきた最強のバディだからこそ、明るい未来を信じられる。お互いを称え、高め合っていく理想の姉妹関係とは。

高橋メアリージュン&ユウ

〈左〉(ユウさん)ブラウス¥42,900、スカート¥55,000/ともにIHNN(ブランドニュース) 〈右〉(メアリージュンさん)カーディガン¥64,900、インナーカットソー¥57,200、パンツ¥42,900/すべてルール ロジェット(ブランドニュース) ネックレス¥88,000/ジャスティンデイビス(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 

離れたときに初めてお互いが大切だと実感できた

高橋家は女2人男2人の4人きょうだい。子供のころから4人は大の仲よし。特に長女メアリージュンさん、次女ユウさんはデビュー当時から8年間一緒に暮らし、励まし合いながら生きてきたそう。現在はユウさんが結婚・出産し、別々に暮らす二人だけれど、今も2週間会わないと不安になるというほど密な関係。

ユウ お姉ちゃんは小さいころからきょうだいの面倒見が良くって絶対泣かない子だったよね。

メアリージュン(以下メアリー) そうだよ。なのに次女はすぐ泣く(笑)。

ユウ お姉ちゃんが中学生のとき1年留学してたでしょ? あのときに離れて、お互いがすごく大切な存在だって実感した。うちの家族は歌が大好きで、私たち二人は歌手を目指していたから、留学中はオーディションについて相談したりしたよね。

メアリー 離れて初めて励ましたり、アドバイスしたり…ってことをしたね。お母さんたちと相談して、サプライズ帰国も面白かった!

ユウ 家のドアを開けたらアメリカにいるはずのお姉ちゃんがいて。びっくりしたのとうれしいのとで、トイレに閉じこもって泣いた(笑)!

メアリー あのときのユウ、可愛かったなぁ。

――メアリージュンさんのデビューのきっかけとなったオーディションのときは、家族で滋賀から湘南まで車で行かれたそうですね。

メアリー 父の会社が倒産して以来貧しかったので、新幹線で行くお金がなかったんです。オーディションの参加をあきらめようかと思ったら、父が車で下道を使って送ってくれると言ってくれて。貧乏だとか、そんな悲壮感はなくて、「ならみんなで行こう」「旅行だ!」って。すごく楽しくてカラフルな記憶。映画『リトル・ミス・サンシャイン』みたいでしたよ。

ユウ 車の中で音楽かけて…楽しかったな。海にも行ったね。オーディション、緊張した?

メアリー 全然緊張せえへんかったわ。

ユウ それは、そうなるよね(笑)。
高橋メアリージュン&ユウ
――それぞれモデル、女優として活躍を始めたころはどんな関係でしたか?

ユウ 私はお姉ちゃんに対して常に憧れとライバル意識があった。真似するくせにライバル。でもお姉ちゃんがデビューして、一気に憧れの割合が増えたな。お姉ちゃんが出てる雑誌を見てポージング研究したり、ね。

メアリー 私はライバルなんて思ったことないよ。ただただ応援していた。女優を始めたのはユウちゃんのほうが先で「うわ、この子女優さんや」って思って見てたけどね。しかもめっちゃセンスのいい女優さん。

ユウ うれしい。お姉ちゃんのドラマや映画もいつも観るけど、すぐにお姉ちゃんであることを忘れて役として見えてくる。それがすごい。

メアリー 朝ドラのころ、カフェで二人で役になって話す練習したね。姉妹で同じ仕事だとああいうことできるからいいね。ほかの女優さんに「役になってお茶を」なんて言えない(笑)。

ユウ お姉ちゃんは本当にストイック。常に役のことを考えながら生きていて、大変そうだけど、その努力がちゃんと作品としてお客さんに届くから素敵だなぁって思う。

メアリー ユウちゃんもさ、子育てしながら全然妥協せず仕事頑張ってるもんね。今はお互いがそれぞれ自信を持てているから良かった。

ユウ うん。それぞれの場所ができて、仕事でもふたりで会えるのがすごくうれしい。ケンカもするけど、姉妹はずっと味方だから。

メアリー そうだね。お互い絶対味方だから、未来がいつでも明るいって思えるんだよね。

高橋メアリージュン&ユウ

〈左〉(メアリージュンさん)モヘアボレロ¥15,400、インナートップス¥13,750/ともにメゾンスペシャル(メゾンスペシャル 青山店) パンツ¥52,800/IHNN(ブランドニュース) ピアス¥17,050/ブリーレオン(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 〈右〉(ユウさん)カーディガン¥16,940、インナーカットソー¥16,500/ともにメゾンスペシャル(メゾンスペシャル 青山店) パンツ¥31,900/ハクジ(ブランドニュース) ピアス¥15,400/ブリーレオン(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

もっと二人の関係を知る6つの質問!

――お互いの尊敬できるところは?

メアリー どんどんキレイになって色気がすごい。優しさって色気なんだね。もう私は絶対にユウちゃんの美を超えることはできないなぁって思う。仕事も育児も一生懸命で、リスペクトしかない。

ユウ お姉ちゃんは、本当に仕事に妥協しない人。そこがすごい。今日はだらけちゃおうって思うとき、「いや、お姉ちゃんだったらやってるな」って思うことがある。何事にもストイックに向き合う生き方がカッコいい!

――お互いを「可愛いなぁ」と思うところは?

メアリー ユウちゃんは本当に素直で、ケンカしたときとか悪いことしたあとは罪悪感がバレバレなの。本当にひどいことはできなくて、人間らしくて可愛い。世界中みんなユウちゃんみたいだったら戦争とか起きないのに。

ユウ お姉ちゃんこそ人間らしいよ。カッコいい人がいると真っ赤になっちゃうところとか(笑)、可愛い。

メアリー 色気のあるおじさんとか、緊張しちゃうのよ。

ユウ 昔、一緒に行った焼き肉屋さんのオーナーがカッコよくて、真っ赤になってたよね。「お姉ちゃん、女優さんでしょ!?」って思ったよ(笑)。

――これまでで一番大きなケンカは?

ユウ バラエティに出たときに、「お姉ちゃん、方向音痴で右と左も間違えるんです」ってしゃべっちゃって。次に会ったら開口一番、「右と左くらいわかるわ」ってケンカになったことかな。

メアリー 子供時代に貧しくて「アリを食べてました」みたいな話も出ちゃって、結局それはユウちゃんが話したんじゃなかったんだけど、「アリも食うてへんからな、話盛るな」って。そのまま新宿の街で大ゲンカしたかな。お母さんに泣きながら電話したら「謝りな」って言われて。

ユウ 先にお姉ちゃんが謝ってくれたね。

メアリー 愛してるから怒ったのよって。あのケンカはけっこう激しかったけど、週刊誌とかに撮られてなくて良かったわ(笑)。

――ここだけは直してほしいというところは?

メアリー 結婚して直っちゃったけど、けっこうだらしなかったよね。寝相とか「さすがに、そのはだけ方はアカン」というのがあったのに。

ユウ 直ったかな(笑)。お姉ちゃんは昔は時間にすごく厳しくてプレッシャーだったけど、最近は「ゆっくり来てな〜」って言ってくれるようになった(笑)。

――お互い、どんな風になってほしい?

メアリー これ以上求めない。好きなように生きて、大切なものを大切と言えて、心の声を常に聞いて、素直に生きてほしい。それ以外はない。

ユウ 仕事も恋愛も、堂々とやりたいことをやってほしい。

――これからふたりでしたいことは?

メアリー 一緒に旅行に行きたいね。あと姉妹ブランド作りたい!

ユウ ずっと一緒に生きてきて、今は別々に暮らしていて。いろんな世界をお互い見ていたなかで、またひとつになって二人の大切なものを組み合わせて、商品になったら面白いよね。
高橋メアリージュン&ユウ
高橋メアリージュン(たかはしめありーじゅん)
1987年11月8日生まれ、滋賀県出身。雑誌『CanCam』の専属モデルを務めたのち、2012年NHK連続テレビ小説「純と愛」で女優デビュー。10月30日公開映画『老後の資金がありません!』、ドラマ「アバランチ」(フジテレビ系)に出演中。

高橋ユウ(たかはしゆう)
1991年1月19日生まれ、滋賀県出身。雑誌『Cawaii!』の専属モデルを務め、2008年「仮面ライダーキバ」で女優デビュー。ドラマやバラエティ、情報番組などに幅広く出演。現在「隣の恋は青く見える2」(ABEMA)に姉妹で出演中。

PHOTO=片桐史郎(trolly)

STYLING=松野下直大

HAIR & MAKE-UP=[メアリージュンさん]堀絋輔、[ユウさん]山口理沙

TEXT=安井桃子

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する