MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.10.23

神崎恵が教える、美しく歳を重ねる方法とは?髪・肌・メイクのポイントも解説!

美容家として、一人の女性として…年齢を重ね今年46歳を迎える神崎恵さん。彼女が今伝えたい、“老い”との向き合い方とは? 最新著書『老けない美容、老ける美容』に込めた、ポジティブなメッセージを伺いました。

神崎恵

ピンクニットタン¥25,300/コズ マニュファクチャード バイ ラッピンノット(ウメダニット) その他/スタイリスト私物

美容の力を信じているから、今が一番自分らしくて楽しいと思える

「若い人やキレイな人から、“年をとることは怖くない”なんて言われたくない」。神崎さんが“老いること”と向き合い、本を書くことを決めたのはこんなメッセージがきっかけだったそう。

「美容家として、“加齢が怖くない”と発信するには、もっと言葉が必要だと。どうして怖くないのか、何をもってそう言い切るのか。丁寧に伝えるべきだと感じたんです。私の根底にある理由は2つ。1つは、“若さだけが美しさではない”と考えているから。若いころから大人の女性に惹かれ、真似できない艶っぽさや佇まいに憧れを抱いていました。もう1つが、“美容が持つパワー”を実感していること。これまで数え切れないほどのアイテムを試し、試行錯誤した結果、自分自身の肌や髪をキレイにする方法を身に付けることができたんです。この書籍のなかにも簡単で、かつ最大限に効果を発揮できるテクニックを詰め込みました」

これから老いと向き合う20代〜30代の読者へ。ポジティブに年齢を重ねていくための心構えとは?

「美しさの基準も多様化し、完璧さを求める必要はなくなったように思います。もちろん、見た目の美しさも大切ですがそれだけに縛られず、もっと自由でいい。これからの時代を、明るく、前向きに、自分らしく生きていきたいというときに、自己肯定感を高めてくれる“美容”という存在はとても大きな力になります。30代からの顏や体は自分で育てるもの。ぜひその過程を楽しんでください」

神崎さんが顔を「育てる」ために必要と考えているのは〈ボリューム〉と〈ツヤ〉だそう。以下、髪・肌・メイクの3テーマで解説します。

髪の育て方――意識するだけで変化が如実に!

美しい印象の大半は髪でつくることができます。そして、髪は扱い方しだい。髪質で決まるものではありません。どのように洗い、乾かし、スタイリングをするのか。この扱い方の差が、美しさを左右します。意識するだけで、変化がすぐにわかるパーツでもあるので、お手入れのしがいもあると思いますよ。

〈ボリューム〉トップと後頭部をふんわり!
〈ツヤ〉表面と毛先にツヤを。顔周りのうねりもNG!

重要なのは「根元」と「熱」。ドライヤーで乾かすときは根元を中心に温風を当て、髪を逆サイドへ流すように乾かすと自然にボリュームアップ。仕上げに冷風に切り替え、“冷風締め”すると美しいツヤと毛流れを形状記憶。

肌の育て方――エイジングサインは悪いことばかりではない!

目尻に刻まれたシワは、たくさん笑った証。日焼けが残った肌は、季節を思い切り味わったということ…そう考えると、肌に現れるシワやシミなどのサインは悪いことばかりではないな…と思っています。とはいっても毎日をポジティブに、自分らしく生きていくために必要のないエイジングサインはしっかりケアしていきましょう。

〈ボリューム〉小ジワ対策に、ハリを強化!
〈ツヤ〉“落とすケア”で肌に透明感を。巡りを良くして血色感アップ!

毎日の洗顔、クレンジングでメイクや余分な皮脂を拭い去ることで肌にツヤとボリュームを出す準備を。化粧水や美容液で悩みに最適な美容成分を与え、クリームで守りながら底上げ。頭皮、首、デコルテのマッサージで血行を良くしてむくみをオフすることも忘れずに。

メイクの育て方――盛りすぎに注意しましょう

大人のメイクには何が必要か。それは適度な調整と軽やかさ。若かった自分の顔を追うのではなく、今キレイな自分を目指すことです。とにかくもっと大きな目に、という思いは太く引かれたアイラインや重ね塗りされた極太のまつ毛をつくります。“やりすぎ”に向かってしまうこの傾向が老け印象に繋がることになるのです。

〈ボリューム〉なじませる、ぼかす…強弱のバランスがキモ
〈ツヤ〉必要ない部分に盛りすぎNG!

メイクする順番を「眉→リップ→アイメイク→チーク」に。顔の骨格となる眉を描き、その日の気分やT.P.O.に合わせてリップを。それに合わせてアイメイクの盛り具合を調整するとバランスよくこなれた顔に。色をのせるとき、なじませる、ぼかすという工程もマスト!

老けない美容、老ける美容

『老けない美容、老ける美容』¥1,650 神崎恵著/講談社

神崎恵さんがこれまでの美容家人生で導き出した、自身の美しく年を重ねるためのテクニックを余すところなく詰め込んだ一冊。ヘアケア、スキンケア、ベースメイク、ポイントメイクからデリケートゾーンの話まで、メソッドをわかりやすく解説。
Amazonで購入する

PHOTO=[神崎さん]柴田フミコ、[静物]植一浩

HAIR=津村佳奈(Un ami)

STYLING=石関靖子

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する